ZUTTO KID BLUE online store ハレの日キッチン
日本文化を見直そう

黄金の国が鎖国した英断と支倉常長

 

一人の英断が国の歴史を変えたり、

危機一髪で国を守ったりすることがあるんですよね。

 

学校で教える歴史では、

前回書いたようにGHQ(アメリカの左派)が日本の占領政策で、

日本の歴史を否定し、

大事な歴史的事実や天皇など日本の真髄を教えないことで

日本の弱化を図るような内容になっています。

 

いつも文明は西から伝わってきたような印象付けがあり、

全くと言ってもいいほど過去の先人の叡智が伝わらない教科書ですが・・・。

 

誰でも知っているキーワードで日本の歴史を振り返っていこうと思います。

 

シルクロード

これはその時代、西洋が日本に憧憬を募らせ、

モンゴルが支配していた地帯を通って、

13〜14世紀ごろ西洋と東洋を結んだのでした

シルクロードの終着点は奈良でした。

 

西洋との関わりの先駆けはマルコ・ポーロの「東方見聞録」で

日本は黄金の国としてヨーロッパの人に強く意識されるようになったのです。

 

西洋の国々は、大航海時代とも重なって、発見した土地を征服し、

植民地化して行く時代にありました。

その先陣役がキリスト教の宣教師たちで、

スペインやポルトガルが進出をした南米や東南アジア地域の様相を見れば明らか。

 

日本にもポルトガル人が来て、1549年フランシスコ・ザビエル来日というように

その波が来ていました。

 

ザビエルの帰国と共に日本も西洋に渡りました。

いくつか使節団がヨーロッパに向かいますが、

それは宣教師による布教成功をローマ教会に知らしめる意味合いが多く、

ヨーロッパと渡り交わった最初となれば、「支倉常長(ハセクラツネナガ)」、

1620年に帰国した慶長遣欧使節団です。

 

慶長遣欧使節団は謎が多いそうですが、

徳川家康の許可なしに造船できなかった時代で

徳川家康の後ろ盾があって多様な目的があって渡ったと見られます。

(色々説明割愛しています・・・ザックリすぎてすみません!)

 

一般的に現在の歴史家には過小評価されていますが、

東北大学の田中英道教授は鋭いメスを入れています。

支倉常長が江戸幕府に情報をもたらしたおかげで、

欧米列強から国土や国民の生活を守るべく世界とは隔絶する鎖国をしつつも、

オランダとは交易を開くバランスのとれた体制がとれたのです。

 

なぜオランダか。

オランダはプロテスタントの国で、

宣教師をまず侵入させ、侵略、征服、収奪するキリシタン(カトリック)勢力との違いを

幕府が的確に見抜いていたのです。徳川幕府の賢明な大西洋政策でした。

 

ヨーロッパのあまりにも残虐な植民地時代を考えるとゾッとします!!

(リンク、すぐ見つかったもので貼りましたが、調べてみてね!)

 

彼のおかげで日本は日本のまま、独自の発展を遂げて今があるのですね。

その後にも色々な偉人の英断が幾重にも重なっていますが。

 

 

すごくザックリでしたが、

詳細は「世界史の中の日本 本当は何がすごいのか」田中英道著 をごらんください。

 

 

日本文化を見直そう

海外に行く前に読みたい本

 

フランスに留学前の方がいらっしゃるので

読みやすくて、とっても大切なことが書いてある本を

いくつか紹介していきたいと思います。

 

今日はこれ!!

もうお亡くなりになりましたが、奈良の春日大社の葉室宮司さまが

記したものです。

 

 

春秋社オンライン

 


以前のカバー写真はこちら

↓↓

 

 

図書館などで探す時はこのイメージかもしれませんね。

 

色々大切なことが書いてあるけれど、例えば、

国語(やまとことば)が、面白いな〜とわかります。

 

稲は「いね」と発音しますが、「命の根」という意味です。

「働く」は「『はた』を『らく』にする」という意味。

(数日前のブログも参照ください)

なぜ返事で「はい」というのか・・・なぜ母は「はは」と発音するのか・・・

 

国語(やまとことば)には日本人の、古人の精神が宿っています。

言葉を知ることで日本人の物の見方、精神を読み解いていくことができます。

 

どういう物の見方、考え方をする民族なのか、

 

それが一つの、私達(日本人)を説明する方法です。

 

それは知識ではなくって、だから学んで覚えるものでもなく、

私達日本人なら「あ、そっか!!」っと気が付けるもの、

腑に落ちるもの、であるから、スラスラ読み進みますよ。

 

 

ちなみに神道は「しんどう」ではなく、「しんとう」と読みますね。

 

私がこの本で気が付かされて一番良かったことは、

「日本人は多様性を重んじる民族だ」、ということです。

 

日本人は曖昧だ、と言われ、「よく分からない」とされ、

それがなんだかカッコ悪いような引け目を感じていましたが、

 

何かを白黒どちらかのグループに分類せずに多様性を重んじる、

 

私の言葉で書くと

「一つ一つの個性を尊重する」特徴がある、ということです。

何かをグループ分けすることに意味をなさない・・・。

 

詳しくは本をぜひご覧ください!!

 

外国人の友達とのやりとりなど、私の体験談もお伝えしたいですが、

長くなったので、またの機会に!

 

ではまた!!

 

 

 

日本文化を見直そう

「働く」ではなく、「はたらく」とは・・・

 

*写真は最近のベジプレートです おかずの種類増えました!

 

 

スタッフに対して、

 

”小さなお店だし。

日常会話や仕事を通して、

あるいは背中を見て、

自分の想いや店の理念は

きっと分かってくれているだろう・・・。”

 

そして、

あまり硬い話もしたくなければ

時間を作るのもなんだか申し訳ない気もする。

最低限のことがシェアされていれば良い。

それぞれの目的や目標設定があれば良い。

 

なんてことで。

 

自分の理念をミーティングなどで

しっかりシェアすることは今までになかったのですが。

 

初めて、スタッフと想いをしっかりシェアするためのスタッフ通信、

作りました !!!!

 

その中の一節をご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「はたらく」とは

 

「働く」とは、漢字では「人が動く」と書きますが、

本来日本では単純に「労働」、laborという意味ではなく、

 

やまとことば(日本古来の言葉、音で意味を考えてみて!)では

「はたらく」=「はたをらくにする」

という意味です。

 

つまり、

端=周囲の人
楽=楽にする、楽しませる

ということです。

 

もともと、はたらくとは、誰かの暮らしや作業効率を楽にするとか、

誰かが楽しくなる、喜ぶためにするもの、という意味です。

周りの人がどうしたら楽しく過ごせるだろうか、

安心してもらえるだろうか、と考えることです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーココまでーーーーーー

 

働く本来の目的を改めて考えてもらいたかったのです。

物事の捉え方が変われば「苦しいことが苦しくなくなる」、

なんてことないと思っていたことに感謝の気持ちを持つようになる、

働くことを含めてのみんなの人生が豊かになったらな〜と願ってやみません。

 

我ながら、結構ええこと書いてあったみたいで(笑)

通信の中のどの部分なのかまだ聞いていないけど、

スタッフが

「心の詰まりが取れて救われました」と言って、

手帳に挟んでお守りにしてくれました。

 

 

 

日本文化を見直そう

新年の迎え方

みなさん、こんにちは!

29日火曜日、お天気良し!!
最高の大掃除日和ですね!

大掃除で持ち物不要枠に、
小家電(携帯やデジタルカメラなど)がでてくる場合

ゴミに捨てずに是非回収ボックスへ!
大阪市では区役所に回収ボックスが設置してあります。
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kankyo/0000240665.html
なぜならみなさんきっとご存知でしょうけど
レアメタル(貴重な金属資源)が含まれているからです。



◎捨てにくいお洋服、
誰かにもらってもらえたらうれしいな〜というものは
レコッコレの3階にどうぞ!

お客様に無料で持ちかえって頂いています。

先日はグッチのかわいいワンピースがあって、
なんとお姉ちゃんが小学生の妹さん
(といっても高校生ばりに大人びている方なのですが)用に
持ちかえっていました〜!あれ、かわいかったなー!

過去のてばなされた洋服コーディネート例。
(靴下だけ私物、ヘンプコットンのAHOPEHEMP、レ コッコレで購入可)
(写真使い回しやけど・・・)






◎新年の迎え方について少し。
以前にも書いた事がありますが。

新年を迎えるタイミングですが、
大晦日の日が暮れた時が新年です。
だから年越し蕎麦を食べるのはちょうど夕飯時でいいわけです。

夜は神様の時間。
人間の時間は日が昇っている間。

日が沈み行くところを眺めながら
一年を振り返り、無事に越せる事に感謝できたら
最高の年明けだなーと思います。

((↑以前竹田研究会に参加したときに
竹田恒泰氏に教わったことです。

ニコニコ動画の竹田恒泰チャンネルの様々な特別番組があって
日本の事がよく学べます。
チャンネル会員は過去動画も観放題です。
月800円+税ですが、お安いもんです!
おもしろいのでお正月休みに観てみてはどうですか??
めっちゃんこ面白いですよ!
私は長らく勉強放っていましたが、
最近ラジオを聴くような感じで
お風呂に入りながら聴いたりします。

たくさん良書も出版されています!))

◎新年の迎え方 2

よく玄関にしめ縄を下げる人はいますが
年神様の宿る場所とお供え物が揃わなければ
神様をお迎えすることができません
門松とお餅もちゃんと用意しましょう!
私は根付きの小松を生けるだけの簡単なものですが
用意しようと思います。
ただ29日に門松を立てるのは縁起が悪いそうです。

まだ私も買っていませんが、
日本の礼儀作法が分かる竹田先生の著書はこちら↓
http://ameblo.jp/takeda-tsuneyasu/entry-12094423443.html


レ コッコレは27日で本年の営業を終了しました。
本当に無事に年を越せるのも皆々さまのおけがです!!
どんな形でもご縁のあった全員の方に感謝しています!!

では、よいお年をお迎えください!!


 
日本文化を見直そう

日台の絆を知るスタディーツアー♪

http://ameblo.jp/14tumayoji/entry-12050339689.html

日台の歴史を知るチャンスです!
(しかも爆笑つき、涙つき、間違いありません!)

何故、震災の義援金が、たった2200万の人口の台湾で、他国の総額を上回り集ったか。
先日台湾人の友達が言っていたのですが、
祖父母は両親に日本語で「お父さん、お母さん」と呼ばせていたそうです。
それくらい親日で、今でも日本との歴史を語り継いでくれている台湾。
日台の絆を探りに行きませんか?

まずは台湾の農業水利事業に大きく貢献し、多額の費用のみならず人命をかけて作ったダムを指揮し、
今でもお墓に台湾人の献花が絶えない八田與一氏の足跡をたどります。

他に、先日台湾人の旅行ガイドの方がおっしゃってましたが、
台湾人でも普通入れない場所が含まれていると目を丸くしていました、かなりレアです♪
90歳を越えるもと台湾の軍人の方のインタビューもあります。

解説くださるのは、わたしも暫く通っていたれきべん(歴史勉強会@なんばOCAT、毎月あるよ)の先生であり、
近現代歴史を一番に専門とする研究者の久野潤氏です。

私はお店のイベントと日がかぶっており、参加し兼ねますので、
代わりにどなたか参加ください!!

企画者は、レコッコレのイタリアツアーを一緒に催行くださった横山妙子さんです。
現在は南海国際旅行に所属です。

サイト上ではチラシ、見にくいかもしれませんね、
プリントアウトしてくださいませーーー☆☆☆

日本文化を見直そう

ひらがな・カタカナ

今日。
カナダ人と語学の交換レッスンをしました。

ロマンティックは日本語でなんと言うか聞かれました。

思いつかずに広辞苑で調べようとしたけど
私の電子辞書にはなく・・・

借用語が多いですからね、
ロマンティックは既に日本語ですよね〜?

ひらがなとカタカナの違いを説明したら大変喜んでくれました。

もともとは、単なる外来語がカタカナではありません。
たとえば以前、憲法は漢字とカタカナで書かれていました。
奈良時代から第二次世界大戦直後までです!

大和言葉、この風土に根ざした情緒を表現するのがひらがな、

簡単にいえば、大和民族の
心のこもったものはひらがな、
心のこもっていないものはカタカナ、が使われて来た。

憲法も作る背景には、もちろん国を大いに想う心があるのですが、
出来上がりとしてシステマティックなもの、律されたもので、
個々人の情緒、感動を表すものではないという意味で・・・。
心に訴えるためのものではないですもんねー。

片仮名の「片」には「不完全な」という意味があるという説もあり、
なんだか心にしっくりとこないものをカタカナで表すという説明の仕方もあります。

日本語でも説明難しいわっ!!!!!

私のレベルの低い英語で、
ひらがなすらまだ読めない人に・・・
2人で「いきなり高度すぎるわ!」って笑いながらのレッスンでした〜☆

 
日本文化を見直そう

世界から日本を見てみる

 日本をとやかく言う人がいますが、

世界と比べたらいいとこいっぱい見えてきます。

先日シドニーのある機関の「平和ランキング」調査で、
色々な項目を設け調査した対象国162カ国のうち、日本が総合6位だったそうです。
実は尖閣諸島問題で順位を下げたそうです、尖閣諸島には誰も住んでないのになぁ・・・、
常に中国に脅かされている点で平和じゃないってことなのかな・・・?
ちなみに2位のデンマークは日本の次に国家として古いところですね、
ロシアに侵攻されなかったことが大きな要因だと聞きました。
今、最も行ってみたい国です!

でも治安面ではきっと世界1位なんじゃなかろうか。

先日フランス人のお客さんが言ってました。
日本に来て驚いたことは、夜中でも女の子だけの酔っぱらいがグテングテンになりながら道を歩いていることに。フランスでは絶対ありえないと!!

マルセイユでは、例えば通りすがりの人に「携帯くれる?」と言われたら、力で相手に勝ち目がない場合は差し出すべきで、そうでないと殴られてぶんどられるそうです、実際最近も日本人の友達がやられたって言ってました。「めっちゃ危険やん!」と言ったら、「物は無くなる可能性はあるけど、命まではなくならないから大丈夫」と言われました、怖いわ!


もちろん国内には色々問題も内包しています。というか、問題だらけのように見えます。

そうなのですが、あんまり同胞をけなしすぎるのもみっともないような気もするのです。

日本にいると、色んなことが遅々として、例えば震災の復興事情などだってもどかしくなることも多々あります。

でも世界はもっとひどい・・・例えば、
イタリアでは2009年に起きたM6.3の地震の復興がいまだ始まっていないらしい・・・。
10年以上前に計画されたたった500メートルの高速道路工事も完了していないといういう。

東日本高速道路(株)は被害を受けた870キロのうちの813キロ(イタリアの道路の1600倍の長さ!)を6日という信じられない早さで修復したことはイタリア人を仰天させ、さらには「すみません、ご迷惑をおかけします」という先方の低姿勢に驚くばかりだったそうです。

大震災後に海外メディアが日本を感嘆して報じた内容をまとめた本があります。
「世界が感嘆する日本人」(別冊宝島編集部)、なかなかおもしろかったです!




日本文化を見直そう

れきべん関西「素直に学ぶ戦後史」シリーズ6回 のお知らせ!!


れきべん関西 素直に学ぶ戦後史 シリーズ6回 のお知らせ!!

 私も通う、月に1度ある歴史勉強会の案内です。

史実を明確に、イデオロギーや解釈を交えず歴史を素直に学べます。

とても分かりやすく、漫談を聞くように笑いも起こりながら楽しく参加できます。


7/8からは6回シリーズで戦後史を学びます。

日本を否定するような歴史の大方は、

国内で事実かどうかよく検証されずに常識的なこととして認知されてしまいました。

他国のしたたかにも戦前から徹底的に練られた策によっても刷り込まれてきました。

また、よく歴史が「解釈」で語られますが、それはあるイデオロギーに合うように歴史を曲げたものにすぎません。解釈が入った時点で歴史は嘘になります。

イデオロギーや政治的な駆け引きの着地点に合せて歴史を語るべきではないのです。


また、勉強してわかっているつもりの方も是非参加いただきたいです。歴史学界の9割が戦前からの策によって真っ赤っかだそうです。ソ連のコミンテルン抜きで歴史は語れないのに多くの人がそれを知りません(私もまだまだ勉強中ですが)。その爪痕は今にも深く残っています。


 本来の歴史学とは、素直に史実を一つ一つ取り上げ照らし合わせてよくよく検証、研究されたもの、そしてそれらを積み重ねたものであるはずです。根拠がないのに事実としてイメージが固められ、嘘に嘘を重ねた歴史をもとに日本が叩かれたり利用されたり、国内でも同胞が自国を否定し政治的に争ったりしています。


 久野先生は丁寧に史実を根拠にした真の歴史を語れる数少ない講師です。

 

 本来の日本の姿、心を取り戻しましょう!



シリーズ,離織ぅ肇襦Ч嶇他鯡鵝畉篤販までの道


{日時] 7月8日 月曜日 19〜21時 (18時半受付開始)

[場所] 

532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4丁目2−21
ミツフ新御堂筋ビル10階「ANGビジネス情報館セミナールーム」

[アクセス]
地下鉄御堂筋線西中島南方駅徒歩1分
阪急京都線 南方駅 徒歩3分
――――――――――
【れきべん会場案内】
――――――――――
1、御堂筋線「西中島南方駅」1番出口を出て左手を見る。
2、ファミリーマート側に渡る。
3、喫茶店「SUBWAY」左横のビルのミツフ新御堂ビル10階
ビル下と10階会場前に「れきべん」と案内板設置



[参加費]
高校生以下:無料
大学生:500
一般:2000(初回のみ。2回目以降の参加費は1000)

[講師] 久野潤 

(慶應義塾大学総合政策学部卒業、京都大学大学院法学研究科国際公共政策専攻修了
現在、大阪国際大学・皇學館大学で講師を勤める

日本国史学会理事補佐
専門は近現代日本の政治外交とその背景思想
政治・歴史系での共著書や雑誌記事を多数執筆
最新刊に来年の大河ドラマ『八重の桜』のヒロインの物語を綴った「新島八重〜とある会津女子の生涯〜 (晋遊舎)」http://www.kunojun.com/)


[参照&申し込みサイト]:https://www.facebook.com/nihonwomanabou

FaceBook未使用者は下記のメールアドレスにお名前と携帯電話番号をお知らせください 

saitounobuo@gmail.com


[その他]

*シリーズ以降、日程は未定 関西れきべんのFaceBookで確認できます

*シリーズ以降のタイトルは下記の通り


シリーズ◆孱毅鞠体制と日米同盟という選択」、「戦後復興から高度経済成長へ」、

ぁ岼楕櫺正と憲法改正論議」、ァ屮▲献⊇国との『国交回復』と歴史認識問題」、

Α崟こβ萋鵑侶从兮膵颪砲覆辰親本と国際的役割」


日本文化を見直そう

歴史勉強会

 
ちょっとやそっとじゃ勉強できない歴史学を、分かりやすく凝縮して勉強できます!

国史学会の講演会に参加した時に、京大の中西輝政教授も言っておられました、
実は歴史は、よく検証されないまま出来上がったイメージで語られたり、政治的なあるイデオロギーに導くために歪んだ解釈であることが多々あるようですが、

本来はただただ純粋に歴史的事実として何があったかを、史実を根拠にあげて語られるべきだと思います。(歴史学者は政治家ではない、他国の顔色をうかがいながらとか、これまでの歴史観に重なる現状や常識がくつがえされることを恐れて政治的判断をし、特に戦後史のあたりはたくさんの証拠が今挙ってきているのに触れない学者が多い、などなどというようなことも言っておられました。歴史学界の様子が少し伝わりました。)

そして以前もご紹介させて頂いた久野先生ですが、しっかり根拠を挙げて、時間軸もしっかり捉えながら分かりやすく解説なさってくれます。

ということで、
久野潤さんの歴史勉強会のご案内です

 ※いつもと会場がが変わって、梅田のようです!!要申し込み
↓↓

http://ameblo.jp/rekiben/entry-11469469904.html


また、日本を学ぶ機会として、大いに活用いただきたい講演会がこちら、
大阪竹田研究会のご案内を転載します。↓↓

グループを代表してお申し込みの方は受付をスムーズに行うため、必ず同行される方の氏名を明記していただきますようにお願いいたします。
 
日時:3月5日(火)  開始18:30 終了21:00 受付開始18:00

会場: レストラン エブリワン うつぼ公園テニスセンター地下

研究会参加費用:
*初めて:2,000円
*現会員様からいただいた紹介カード持参:1,000円(但し初めての参加に限る)
*会員:2,000円(但し登録申込した方に限る)
*非会員:3,000円(登録申込書未提出の方、但し初めて参加する方を除く)
*学生以下:無料(大学院生を含む学生が対象、社会人学生は除く)
         ※受付にて学生証をご提示お願いいたします。

参加を希望される方は
http://goo.gl/k3evM
↑こちらをクリックしてお申し込みをお願いいたします。

ケータイの種類によってはご覧になれない場合もございます。
その場合はメールまたはFAXにて、
お名前・電話番号、また同伴者が居る場合は同伴者のお名前を添えてお申込みください。

日本文化を見直そう

3日のおすすめ番組と神社サイト

3日、18時からインターネット上での番組、ニコニコ動画の竹田恒泰チャンネルがあります。本来有料チャンネルな内容ですが、正月スペシャルで無料であります。

http://ch.nicovideo.jp/channel/takeda-tsuneyasu?zeromypage_nicorepo

タイトルは「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」、著書の内容とは別の内容であります。タイムシフト予約すれば7日間以内であれば放送後も観ることができます。
いつも番組では古事記や日本の物作りの話など、日本が好きになっちゃう話がてんこもりです。


もう一つ紹介したいのが、神社人サイトです。
http://jinjajin.jp/

Mixiみたいに会員登録して、全国の神社のデーターベースを作るサイトです。
私も去年にご紹介いただきお会いするチャンスがありました東條英利さんの作ったサイトです。著書「日本人の証明」も、かなりおすすめです
お正月の祝い方も書いてありましたよ。

初詣にでかけられた時は写真を撮って、このサイトに登録しませんか?

神社は全国に8万8千社あると言われていますが、
どこにもその全部を網羅するデーターベースがないんですね。

日本では核家族化や地域の繋がりも希薄化していることで、
土地の伝承、伝統を継承しにくくなっています。


今、地域ごとにある神社が、お寺もそうでしょうけど、
過去や伝統にたどっていける場所として見直されるといいと思います。


去年から会員なのに、全然アップできていず、
大阪では人気の神社がまだアップされていないので、行って写真を撮りたいと思います。
でも人ごみでふさわしくないかなー。


それではみなさん、よいお正月を