こんばんは!

今日、どんな1日でしたか?

天気良くて暖かかったので、

過ごしやい1日でしたね〜。

 

お仕事はどうでしたか?

働いていると、

社会的なプレッシャー、責任感、

好まない人間関係の中で感じる煩わしさ、

時間に追われる感覚、

そういうものにどっと疲れることがありますね。

 

家に帰って来ても

将来を考え不安になったり恐怖を感じたり、

理想的な生活と現実のギャップに落胆したりと、

いろんなストレスを抱えているかもしれません。

 

心が整って、より自由になると、

人生の質が高まると思います。

もっと開放感があって、

リラックスした状態で生きたいと思うなら、

自分のための時間を作り、

内観すること、

より生きやすくなるための考え方や視点、

その実践法を知ることが大切でしょう。

 

疲れているから考える気力がない、

少し休憩のつもりでテレビをつけたら

あっという間に時間が過ぎて1日が終わる・・・

 

そんな方のために、

読むだけで少し心がほぐれるような、

心地良くなれる記事が書けたらな〜と

思います。

 

私は決して生き上手じゃないし、

むしろ大変不器用で、その分たくさん苦労しましたが、

10年前よりは遥かに心軽く、自由に生きています。

心が整ってより元気になると、

心と繋がりのある体もより元気になります。

 

自分の経験を踏まえて、

心が少しでも軽くなり、元気になる考え方や実践法を

具体的に少しずつ紹介していきます。

全部でいくつになるのか、

自分でも楽しみです。笑

 

では早速、心を軽く、自由にする考え方  

「宙ぶらりんで良いものもある」

 

なんでもかんでも白黒ハッキリさせない。

 

例えば人の小さな嘘。

仕事が遅れた理由や返事の遅れた理由など、

よく考えたら「おかしいだろ」と思っても、

それが嘘かどうか、ハッキリさせない。

なんでも問い詰めてギスギスした関係になるより、

少しは、時には、見逃してあげること。

 

誰だってたまには余裕がなくなるし、

自分だって密かに何かから逃げることもあるでしょう。

 

誰かがどんなにズルしても、

その誰かに逃げ癖があっても、

その人はその人で精一杯な状態、と考える。

場合によっては対処法を講ずる必要があるけれど、

見逃すことも、時に、

相手を成長させるための愛情表現だと思います。

 

「誰かを許せない」と思うことは、

メラメラと「怒り」という火をつけ、

自ら自分の胸を焦がすようなものです。

 

 

例えば愛情

「どれだけ自分のことを想っているの?」

「自分のことが好きなの、嫌いなの、はっきりして!

もし問い詰めれば、いいことありません!!

(問い詰めなくとも心の中でも叫ばない!!)

 

自分の焦りや不安が相手にとって重圧になる。

「愛情が足りない」と言っているようなものだから

相手は不足分をエネルギーで吸い取られるようで疲れる。

 

相手に愛を強要しない、見返りを求めない。

愛は押し付けることなく、無償で与えるもの。

 

大切なのは今一緒にいることです。

 

その時間をどう過ごすのか・・・、

その瞬間をより楽しみましょう。

その一瞬は永遠です。

 

友情も愛情のうちの一つです。