あけましておめでとうございます!
どたばた師走も過ぎ、なんとも神々しい朝日を見ながら新年を迎えました。
こうして新年を迎えられるのも、みなみな様のおかげです。
いつも応援してくださる面々を思い浮かべて感謝しております!!

年末は当店のJassライブでしっとり酔いしれたあと、
店の大掃除をして早々26日に閉めました。
27日は同じ飲食街の数人で半ばミーティングで忘年会をやる予定が、
ただただ飲んで食べるに至りました。
その後はお店の新しい課題に向けて仕事をしたり、
半年分の帳簿をつけたり忙しく色々やるつもりでした、が・・・。

体調を壊しました!!何もできませんでした、やばいっ!!!

最近流行のローフード、これでやっちゃいました。
取り入れ方をやはり考えなければなりません。
本当に参った!!元旦の今日、大方元気を取り戻しましたが、
仕事を残したまま数日間パワー不足で何もできず、2日間は寝て回復を待ちました。

なぜかというと、やっぱりフルーツを食べた後の極度の冷えにより
内蔵、特に胃に大きいダメージを与えてしまったようです。
ローフードでは酵素をとるために食前や空腹時のフルーツ食をすすめています。
長年食事の基本に置いて来た「陰陽論」からいうと冷えるので控えるべきものだったのですが、
冷害よりも大きい良好な効力を期待したわけです。
しかしやっぱり寒さの増す冬に、特に、ローフード初心者がフルーツ食をがっつりやるべきではないようです
(生野菜も夏野菜ばっかり食べてたら同様に冷害が大きいと思います)。
うちの母も、私達が信頼を寄せる東洋医学系の旭区の小西クリニックで
フルーツの効力より冷害の方が大きくでていることを指摘されました。先生は本当に分かっちゃうもんな〜。

ちょっとローフードってのが聞き慣れない方々はマニアックでごめんなさい。

酵素はナッツ類や亜麻仁、根菜中心に生野菜から摂ることが賢明かなと思います。

フルーツを食べる場合は半個くらいに控えめにするとか・・。

より元気なパワーで体をみなぎらせるつもりが逆に弱ってしまうなんて本当に情けないような気持ちです。
冷えによるダメージの大きさを改めて実感しました。

冷えとりを意識するだけで、めっちゃ健康に体が強くなります。
おかげで、前に風邪を引いた記憶がいつのものだったか分からないくらい長年風邪を引いていません。
まあ、今回のように時に冷やしてしまってしんどい想いをしたり、
ひどい右肩の凝りなど職業病といえる症状だったりはありますが。

また今度の機会に冷えとりの方法も紹介していきたいと思います。
病気知らずで快適、楽しい冬ライフを送りましょう☆

営業は4日から再開です。
今年は今まで以上に課題の多い年だと思っています。
一つ一つクリアして前進していきたいと考えています。
今年も仲良くしてください、よろしくお願いいたします。

ともぞう