こんにちは。

まずは、主題とは異なるけど、とってもうれしい発表があります!4月から第三日曜日に生け花教室ができることになりました!!さきほど連絡を受けたところなんですが、未生流の大ベテランの先生に来て頂き、初心者がとっかかりやすい破格の3千円で引き受けてくださりました。3回コースずつで実施していきます。1コース5人前後で行います。また募集かけますので楽しみにしていてください!

そして、寒くなってきましたが、みなさんはお元気にされてますか?身体を冷やさないようにするだけで、かなり風邪予防になるんで、靴下2枚履き、冷えるものを摂取しない、お風呂で半身浴をし汗が出てくるまで温まる、などやってみてください。

と言いつつ、私は丸2日間、ひたすら寝てました。というのも、日曜日の夜中に胃がむかついて嘔吐し、体中が痛み、数時間眠っては痛みや嘔吐で目覚める、を繰り返しました。月曜日はスタッフにお店を預けました。たった今復活したところです。

日曜日を振り返ると、いただきもののスイーツ、カフェランチでコーヒーとスイーツ、そして偶然お客さんに会ってまたカフェに行って・・・と、通常かなり控えめにしているグラニュー糖とカフェインを摂取しすぎでした。これが、かなり過労な身体やストレスを抱えた胃にガツンといったんだと思います。

疲れに甘いものがいいと思っている人が多いですけど、実はそれどころか鞭を打つようなものです。

こういう知識がありながら、全く油断していました。自分の身体を内観できていませんでした。

お砂糖が毒という話は今後にするとして・・・

針灸師の友達に家に来てもらって、初めて治療を受けました。痛いどころかある意味快感でした。

友達に診てもらうと、分かりやすく無気力(生命ネネルギーの低下?)と水分過剰の症状が出ているということでした。嘔吐して不要な水分を出していたんではないかと言ってました。

確かに水分にカウントできない不要な水類を摂りすぎていた、と思えました。

植物は、生水でないと生きていけません。一度沸かした水をあげると死んでしまいます。
だから生水を、身体を冷やさぬよう常温で飲む事は意識しているんですが、他に余計なものもよく飲んでいたと思えます。例えばお茶は、お茶のビタミンなどの成分を摂取しますが、それも生命を活かす水としてはカウントできないと言えます。

水分過剰な上、身体が凝り固まっているので、水分代謝やリンパの循環も悪くなっているんだろうなあ〜。運動して汗をかくこともないし。

病気の原因は東洋医学的にいえば「気毒」「血毒」「水毒」の3つで、「気血水説」というそうです。
私の食事法も東洋医学と通ずるところがあるので、聞いていて腑に落ちます。
友達の鍼灸師さん情報はこちら↓↓
http://www.sala-acu.com/index.html

まずは過労で敏感な身体を無視して、多少の違反なら大丈夫と油断していた自分に反省します。どれだけ弱ってるか今やっと自覚しました。でもたった今は、状況的に甘味物やコーヒーなどの違反をなくすことくらいしか対策ないんだけどなあ、どうしよう。ランニングウェアセットは買ったけど、走る時間ないし・・・。

早くいいスタッフさんと巡り会って、ランチタイムくらいは身を空けられるようになりたいです。

ということで、身がもたないので、週1、2回入れる人募集中です。32歳以下、私より年下の人がいいです。
4月からは、今のバイトちゃんがイタリア留学するのでレギュラーで入れる人を探しています。

よろしくお願いします♪