私は食べ物に敏感体質です。

身体に合わない物を摂ると、すぐデトックスのためにアレルギー性鼻炎になります。

ラッキーな事に不思議で優秀なお医者様に出会えたので、
鼻炎になるごとに通っては、

「いい物でも摂りすぎると毒」
「世間一般的にいいとされる物でも自分に合うかどうかは別」
「同じ食品が毒になっている場合でも、拝毒のための症状は人それぞれ」
「同じ食品でも、産地や製法で、自分に合うかどうかは異なる」

色々体験を通して学べました(普通の西洋医学では分からん事です)。


ひどい鼻炎で仕事にもならない状態になるので、その東洋医学+神道に基づく医学の先生
会えていなかったら、お店をだすこともできなかったと思います。

もう色々学んで、自分の食事法には自信があったので、
特にこの9ヶ月間あまりのひどい鼻炎や、体中の凝りやハリ、目の周りの凝りとクマ、
締め付けられたようにして重い頭、足のだるさとハリ、肩凝りや首の詰まり・・・

それらは一日中店に立ってることで仕方のない疲れだとか、
経営上のプレッシャーなどの精神的なストレスによる自律神経の乱れであるとか、
それはもう当然のしんどさなのではないかと思ってきました

鼻炎は今年に入ってから特にひどく、その他のしんどい症状はそれに付随するものだと
思ってきました。

あまりにもひどいので、やっとやっとその先生のところに久しぶりに行きました。
ちょっと行きにくい場所なので、今まではフットワークが重かったのでした。

すると!原因は!

たまーーーにだけ、しかも一回の料理に小さじ半分くらいしか使わないナツメグが原因でした(有機栽培で放射線や殺虫剤不使用のものでもだめ)。

本当に微量しか使わないので、まさかの食品で、信じきれないような思いもありました。

ところが完全に除去した6月は、口から勝手に「Foo〜!!」とか「Yeah!!」とか
出てきそうなくらい元気でした
ハイテンションすぎてお客さんともハイテンショントークで、サービス精神旺盛でした。

そして、また先週、4回程ナツメグを料理の味見程度に口にしました。

翌日から喉が痛くなり、肩や首のつまりなどいつもの症状が起こり、

翌々日から気管支炎になり、眠れない日が3日続き、そのあと鼻炎が始まりました。
顔中、皮膚の下で膿んでるような重さと凝りがあり、頭もだるくて痛いです。

つまりですね、自分の身体に合わない物を摂っていると、
アレルギー反応として
身体全体がしんどい状態や
だるくなることがあるわけです


前回の診察時、しんどさのあまりオーラが暗くてお化けみたいやったそうな・・・ゲゲッ!

それにしても摂取したナツメグの量以上に出した鼻水の方が随分と多いねんけど、
どうなっとんのや、私の身体は


お店を出してから今月で4年経ちます。
この間、身体に鞭を打って店に立ってきました。

一番悔しいのが、それで手元が何度も狂ったし、
お客様にいい顔ができなかった時もありました。
パワー不足でやりたい企画がアイディアのまま葬られました。

ほんまに悔しいです。
しんどい、だるい=アレルギー反応 だったんです、
それを診てもらうべきでした。

たぶんこのしんどさがなかったら、何倍いい仕事ができてたかなーって・・・

これから元気になって、パワフルに色々こなしていきたいです。
今からが本番です。

豆庭ビルの再契約ができますように(もともとは2年間・・・)。
今のビルで悔いを残したくないです。
楽しみきりたい。

みなさんのお祈りパワーもお借りしたいです。よろしくお願いします。

ちなみに何事もお祈りは達成したかのように過去形で言うといいんですって。

「豆庭ビルの契約が3年更新できました、ありがとうございます!」