Hey!



お店に来てくれたシンヤ君と、キャラのバランスをとるためにカツラをかぶったレ コッコレスタッフのトリオです。

といっても今回の本題はこちら↓

おうじゃすっ!うちの新しいあいさつ言葉です 笑
オージャス、アーユルヴェーダ(インドの医学)の用語で、生命エネルギーといっていいかな、
(http://m-veda.jp/user_data/colum8 など参照ください)、
響きが気に入っているばかりやありません。

キーワードとしていいなって思います。

ただ、アーユルヴェーダ自体は、
インドの風土でできあがった医学、思想、生き方、食事法、文化であって、

やはり日本人に全てそっくりそのまま取り入れるべきものではないとは考えています、
でもいいとこ取りでいいと思う!


2万年もの間、この風土で暮らしてきた日本人にあった生き方や思想、食事法・・・etc があり、私はそれを一番大切にしています。(例えば東洋医学で牛乳は日本人の身体には合わないとされるのに、アーユルヴェーダではオージャスを高める食品として支持される。でも基本的な考え方は日本でお馴染みの東洋医学や自然療法などとよく似ている)

ですので私が思うオージャスを高める方法は、アーユルヴェーダで指導している内容とは
異なってくる場合も少々あるのですが(そしたらオージャスって言葉を使うべきじゃないかな、またそれに代わる言葉を探してみようかなっ)

エネルギーのあるものをいただき、ライフスタイルや気持ちの持ち方にも気を遣うことです。
元気になり、心身のバランスがとれ、免疫力もアップ、自分らしく魅力もアップします。

思うに、オージャスが高い人っていうのは
イキイキ、キラキラしていて、目ではっきり見える物でなくても、それを人は好意的に感じ取るものです。(私見ですが)


マクロビオティックにも表現が違えどとても似た考え方を含みますが、
マクロビオティックといってしまうと哲学の総称のようなもので意味が広過ぎてしまうし、

誤解も多かったり、何か難しく捉えてしまっている人も多くいます。

今多くの人にとって、オージャスというキーワードでもって、
生命力(そしてそれはその人の持っている最大限の魅力になる)を強めることに
注力することがいいと思います。
それが体験できれば、本人の幸福感も上がるし、調子もいいし、
本来マクロビなどで伝えているような「自由自在に自分らしく生きる事」や
「夢を叶える生き方」「自然を味方につける生き方」や、
「自然や先人に感謝する生き方」など色々後から付いてきて分かってくると思うんです。

細かい理屈からでなく、まずざっと分かってやってみる!!

では具体的にエネルギーあるものを食べるとはどういうことか、というと

新鮮で元気な自然農法/有機などの野菜
日本の伝統の発酵食品
身体をあたためる食材
ナッツや葉野菜など酵素を多く含むもの など

私達は栄養素を食べているのではなく、
自然の恵みの「いのち」をいただいているということを忘れてはいけません。


どういうものに生命エネルギーがいっぱいあるのか考えたら分かりますよね。

逆に生命エネルギーに欠けるものといえば

電子レンジにかけた食材(分子構造が壊れて不自然な物になる)
元々自然界にない化学的なもの(添加物、化学調味料など)を含む加工食品
化学肥料、農薬で育った野菜
精製したもの(白米、白砂糖、精製した油など)

それらはエネルギーに欠けるだけでなく、身体に悪影響があるので
エネルギーを下げるものとも言えますよね。

また、栄養剤、栄養補助食品は緊急時には役立っても、命があるものかといえばありませんよね。

心身一体であるわけで
もちろん心の持ち方も人の健康に関係がある上に、
エネルギーそのものに関係してきますね。

生真面目であることは日本人の長所でありますが、
それが過ぎて人生を修行僧のように送り、常に自責し、肩に力が入っている人が多いと思います。
ですが、「こうするべき!」という囚われの考えを捨て、正直にどう生きたいかを
感じてみてください。

今よりもっとのびのび、優しい気持ち、穏やかな気持ちで生きると
自分というエネルギー体が放つ光が、優しくありながら一層強くなるように感じると思います。

私は常食するものに気を遣う(というより、上記のオージャスをあげるようなものが
本当に「おいしくて!」、食べるべきだからではなく欲求があって「食べたくて」選ぶ)だけでなく、

今は無理矢理にでも自分の時間を作ってゆーっくり休む、
音霊法(おとだまほう)という瞑想を毎日行う、
半身浴後にストレッチ、
朝の腕振り運動、
朝陽を10秒間直接目から取り入れる、など

楽しく気持ち良くやっています。

実はお店を出してから、すっごく疲れてしまって、
疲れているからこそやるべきそういったケアができていなかったのですが、

今はしんどさには代えられない、と、日々やっています。
そしたら快感になってきて、調子を整えるためにやらずにはいられなくなってきました。

近い将来、こういう自分の体験を本にするのが自分の目標です。

近頃マーマーマガジンの編集長の服部みれいさんがオージャスを取り上げている事を知りました。共感できることが多く書かれたブログを昔拝見したことがあったのですが、
最近また本も拝見し、普段生活の中に取り入れている事が似ていたり、気づきが似ていたりして、すっごくいい友達になれそう、なりたいって思いました。そしてそれらをセンスよく、女子にキャッチーな言葉をちりばめて上手に広げておられてすごいなーと思いました。

私も私のスタイルでまとめてみたいです。

とも