最近、ちょっとずつ自分の時間を作って、自分のケアに当てています。

お店をしていると何かと激務で、そして色々活動していることから、
まだまだ活力に漲るという状態には遠いし、結構クタクタになってしまっています。
休む時間をもっと作りたいと思っています。

しかも大阪で瓦礫が燃えるわけでしょ、

意識して免疫つけていくなどますますケアが必要になるわけですが、

とりあえず、今やっているケア内容をご紹介したいと思います♪


疲れていてとにかく元気になりたい、気力を出したい、
内面を満たしたい、やりたいことをワクワク体現したい、

そんな人は是非自分を休めてケアしてあげよう!


ケアってなんだかめんどくさい??
いえいえ、とっても気持ちがいいので、せずにいられなくなります

疲れていればいるほど、ケアする気力もないもので(私がそうでした)、
無理矢理休日を増やす(具体的には月曜夜の営業を止めたりスタッフに店を任せる日を
設定した)ことでちょっとでもゆっくりしたり、好きな事を考える時間を作って、

そうすると、もっと充実した時間を過ごしたくなってきて、ケアタイムを設けられるようになってきました。

私は仕事柄、夜型の生活なのですが、本当は朝の気持ちよさを知っているので早起きが好きです。

なので休みの日だけでもできるだけ早寝早起きをし、
平日もできるだけ朝にケアタイムを設けます。

朝が充実すると良い一日を過ごせます。


…、目覚めたら寝たままの格好でできる片足上げや腰を持ち上げるストレッチ、片膝かかえや、ネコのポーズなどのストレッチをします。

立ち仕事なので、足先の血流を戻して循環をよくするのが目的です。

起き上がったらまず窓を開け、ほうきで床を掃きます。時間に余裕があれば拭き掃除もします。
広い面で徹底的に掃除をする時は掃除機を使います。
洗濯をしたり、服の整理をしたり、机やテーブルをきれいにします。

そう、自分のケア、それは自分が気持ちよくなる環境作りもその一つです。

ですから何かと整理グッズとしてMUJIで収納ケースなんかもよく買います。

そんなことを話していたら、うちの2階で毎月開催している「てばなす会」主催の坂本さんにおもしろい話を聞きました。
子宮筋腫になっている女性で、部屋が汚い人が多いそうです!!
環境の居心地よさは、赤ちゃんの住処である子宮の環境に関係してくるそう
です。

私も自分の体を整えようと思った時、直感的に部屋の心地よさが大切になってきました。

A歃したあとにアロマのろうそくを炊いたり、
先日ある人からいただいたホワイトセージを燃やしながら部屋をぐるっと歩いて
部屋の空気を浄化しています。

本当にすっきりした感じの空気になります。

い修譴ら足湯をして(真冬は半身浴をしてました)、

ゥ▲蹈泙里蹐Δ修の前にヨガでいう安定座法、あぐらのような形で座り、
音霊法という瞑想を最低15分します。

寝る前にも15分瞑想と軽くストレッチをします。



こんな感じです。

今度はそれぞれをもうちょっと詳しく紹介していきたいと思います。