遺伝子研究で世界的に有名な村上和雄さんの著書を愛読しています。

最近では原発問題もからめて「科学者の責任」という本を出されました。
タイトル固いイメージかもですが、超読みやすいので読んでみてください!!

そしてその村上さんを映画にした「祈り」、ただいま大阪で公開中です!

「祈り」公式サイト↓
http://inori2012.com/

大阪での上映↓
http://www.theater-seven.com/2012/movie_inori.html

科学的物質や食べ物などによる物質シグナルよりも、
心、想い(=波動)がその100万倍の速度で
体のコンディションに影響するんだそうです!!!

これは村上さんの著書で紹介された他の世界的権威のある科学者であるリプトンが言ったことですが、
村上さんも心や思いという非物質エネルギーの効果の大きさを多々症例を挙げられて説明しています!!

だから、こんな世の中ですけど、そういう純粋に平和を祈る心がもしかしたら
ぐぐっと世の中の進行方向を変えるかもしれない。

前向きな強い想いが遺伝子のスイッチをオンにして、
放射能に対する免疫の強い体に変えるかもしれない??


村上和雄さんの諸著
「こころと遺伝子」
「SWICH」
「科学者の責任」

最新の方、これら3冊持っていて、どれもかなり分かりやすくておすすめです!!