今日。
カナダ人と語学の交換レッスンをしました。

ロマンティックは日本語でなんと言うか聞かれました。

思いつかずに広辞苑で調べようとしたけど
私の電子辞書にはなく・・・

借用語が多いですからね、
ロマンティックは既に日本語ですよね〜?

ひらがなとカタカナの違いを説明したら大変喜んでくれました。

もともとは、単なる外来語がカタカナではありません。
たとえば以前、憲法は漢字とカタカナで書かれていました。
奈良時代から第二次世界大戦直後までです!

大和言葉、この風土に根ざした情緒を表現するのがひらがな、

簡単にいえば、大和民族の
心のこもったものはひらがな、
心のこもっていないものはカタカナ、が使われて来た。

憲法も作る背景には、もちろん国を大いに想う心があるのですが、
出来上がりとしてシステマティックなもの、律されたもので、
個々人の情緒、感動を表すものではないという意味で・・・。
心に訴えるためのものではないですもんねー。

片仮名の「片」には「不完全な」という意味があるという説もあり、
なんだか心にしっくりとこないものをカタカナで表すという説明の仕方もあります。

日本語でも説明難しいわっ!!!!!

私のレベルの低い英語で、
ひらがなすらまだ読めない人に・・・
2人で「いきなり高度すぎるわ!」って笑いながらのレッスンでした〜☆