3月は忙しすぎて、食育部が開催しかねます・・・
楽しみにしてくださっていた方、申し訳ないです!
5月はGWだとみなさんご都合どうなんでしょうかね・・・?

そこで、食育部的な話題を書いてみます。

お客様でマクロビなど勉強されて、
あるいはベジタリアンな生活をしている人がよくいます。

そういう生活を始めると、やはりもとよりも体が敏感になりますね、
本当は、それは、いいことなのだけど
結構苦労しますね。

体にとって毒、不自然な物、合わないものを摂ったとき、
それをデトックスしようと作用するので
溜め込まず、病気にならない、
早期発見、自分の体で早期治療。

でもその反応の度合い、
そのデトックス作用中、

結構しんどいですよねーーー!!

最近、会社を休んだって言ってた人もいました。
仕事以外は布団に入りっぱなしになり、
しんどすぎて何も食べないのが一番元気な方法、
ドリンクも日干し大根スープだけって言う人とか。

私も色々体験して、本当に色々凝りて、
ここのところは外食をおもいっきり減らしています。
外食するとしたら週に一度。
普段の食生活はシンプルに自分で作る玄米菜食、
ほんまにシンプルに「玄米と野菜」をメイン
にする。

そうすると何か合わないものを取り入れたときに
何が合わなかったのかを特定しやすくなります。

ここのところ使っていた小麦粉替わりの米粉、
いい物を厳選していても自分に合うかどうかは別ですから・・・
だんだん不調になって、
試作で摂り過ぎのせいかと思って量を減らしたけど、

決定的に合わなかったようで
1ヶ月まるまる悶えるはめに・・・・

小麦粉は量に気をつけないと不調になるという認識が広まって、
米粉に替える人も多くなってきていると思いますが、
気をつけてくださいね!

そう、みなさん、頭、知識でいいものを判断せず、
自分の体でよくよく確かめてくださいね!!


私は、よくここでも書きますが、
東洋医学、マクロビでも推奨されるたくさんの食品が
さんざん合わずにアレルギー状態に陥り

大変苦労してきました。
番茶、玄米コーヒー(でもブラックジンガーは大丈夫)、メイプルシロップ、
穀物コーヒー、よく自然食品店にあるメーカーの梅酢、
他オーガニックな調味料やお茶類色々・・・。

まさかまさかで、気が付けませんよ、なかなか!
(小西クリニックに行ってやっと分かる・・・)

体調が悪い→体にいいと知識で思い込んでいる物を摂り続ける
→ますます体調悪い

この悪循環にはまっている人、
結構いるはずです!

体にいい物を摂っているという思い込みがある限り、
元気になれませんよね・・・

また、同じ名前の食品でも
製法、生産者、土地や土地の水、加工方法、一緒に使用される他の原材料・・・
それらが違えば全く異質のものなのです。


それについては長くなったのでまた今度詳しく書きたいと思います。


良いとされる食品でも「自分に合うかどうかは別」ということを
ぜひとも肝に銘じてくださいね!

元気に春を迎えてください!

ではまた!