いろんなことが立て続けで。
ほんとに文字通り朝から夜中過ぎまで働いて。

過労がほんまに過ぎ、
食物アレルギーでさらに弱って免疫落ちたところに
15年ぶりくらいに風邪引いてしまいました。
ほんまに滅多に風邪なんて引かないのに!!

(15年前は、パリのアパートでケチな大家さんが
電気代を節約するためにお湯を出してくれなくて
冬に水シャワーしたため高熱が・・・苦笑)


よく疲労感が大きい時に
いつも「カラダを休めないとっ・・」って思ってきましたが
経験上それでスッキリ元気になることはない
私は週一回ストリートジャズレッスンを受けています

運動が必要なのは
カラダの巡りをよくする、凝り固まった筋肉を伸ばすくらいに思っていた
でもそれだけじゃないことに気が付けました。

先日カイロプラクティックに行った。
キッカケはうちでやってるキッズカイロの先生のセミナーを聞いて。

カイロプラクティックって、「痛くない整体」くらいな認識だったけど
割と東洋医学や自然療法とも繋がるところがあって
目からウロコでした。

「カラダはいつも全力で快方に向かっている」という見方。
病気をただ忌み嫌って否定的に捉える人が多いかもしれないけど、
病気だって自分のカラダをよくしていく過程ですよね。

自然治癒力、免疫力、解毒力、カラダの基礎力、
そういうものを上げるためにカイロを活用できる。

そして先日、カイロにメンテナンスしに行った時に、
先生に疲労物質をデトックスするのが大切だと聞きました。
疲れた時に疲労物質が溜まっているという考え方は
知らん事はないけど、
自分のこととして捉えることはなかったので
ハッとしたわけです。

だから運動って大切なんですね。
筋肉の奥を振動させて血液の循環を良くして
疲労物質を出していく事!!

私の場合、アレルギー物質も同時にデトックス。

先日、どうしてもどないしてもしんどくて臨時休業してしまいました。
(お越し頂いた方申し訳ないです!!)
週末にはランチ付きセミナー予約やイベントが重なっていて
ぶっ倒れている場合ではありませんでした。
そしてその日、とことんできることはしました。

正午くらいに小西クリニックに行き、
先生のお灸効果で相当なデトックスで、一段階楽になりました

そして昼食をとってからは
水泳を50分!
実は嗜好品で食べ過ぎた乳製品でアレルギーを起こしていて、
お腹の調子が弱くなっているところで水に入るのは
なんだかきつい気がしましたが、
水泳のあともなんぼかカラダが軽くなりました

夜はサウナ1時間(水風呂も活用する・・・でもまだ腰までしか入る勇気がない・・・)、
カラダの巡りを良くする為です。

そのあとは家の近所でテルミー(モグサを使った民間療法)を受けました

すっかり夜になってしまって就寝。


とまあ、自分で体調を崩してしまっているので
なんとかしていい仕事をするためにも
早く楽になるためにも
とことんデトックスに励みました。

なかなか攻めました、
アレルギー症状って半端ない疲労と頭痛、肩に重しを感じるのですが、
その上で移動や度重なる着替えや、「運動のため」と思ってやる水泳は
割としんどい!!
でも不調のしんどさには替えられないということで・・・・。


普段週一回のダンスレッスン、
相当激しいし、汗もたくさんかくし、いい運動となって
翌日カラダも軽く感じますが、

それでもまだ運動不足だと痛感しました、
(というか過労の方もどうにかしたいものですが・・・)

これからは水泳も入れて行こうと思います。
あーでも面倒くさいな・・・・

ということで、
お疲れの土日、
お家でダラダラしてても元気になることはないですよ!
YOGAとか水泳とか
運動運動!!!