高校生だったのにいつの間にか大人になってた
ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手が言っていました。

「野球をやめるまでにあと一度くらいは野球を楽しみたい」って。
思い描いているカーブが投げられず、
理想と現実のギャップに苦しんでいるという話をしていました。

私の場合はIT企業のSEから転身、
料理の下積み経験なんてほぼ無し、ど素人で突然出した店だったから、
理想と現実のギャップに苦しむのは当然だと思っていた。
けど一流選手でも、程度の差はあれ、
私と同じようなことを思うんだなととても励まされました。
 
私は来年で開業して10年になります。
「仕事、好きにやってていいよね〜」なんて見られがちかもしれませんが、
振り返ってみると苦しいことの方が圧倒的に多いです。

充実した気持ちになる、幸せな気持ちを持てるのは、
一年に1、2度あるかないかの、「ある日のひと時」だけ。
本当はもっとこんな風にしたいって、
理想と現実のギャップに相当苦しんだし、
本当は簡単にもっと日々楽しんでできるはずって思いながらも、
実際は心身に厳しいことがたくさんあって・・・。

 
自分のあらゆる面で不器用な性格、内面、
これをなかなか変えられないことにも大きな起因があると思う。
だって自分の内側にあるものが現実を作るから。

例えば誰しも仕事環境で人間関係に悩みがちだと思うので
理想とは違う人との出会いについて言うならば。
実際関わる人が変わっても、
実質関わる人の性質が変わらない、とかありませんか。
ずっと人間関係に問題があるとするなら、
出会いの内容は自分が何かに克服しないと変わらない。
本当は苦しむことないのに
自分が今ひとつ大人になっていないがために
苦しかったりする。

最終課題をクリアすればOKだけど、
いきなりそれはできないから
いくつも関門を克服して最終課題突破に備える。


自分。本当生きるのが下手くそだなー。
 
でも10年経とうとして
今やっとここの地点かよ、ってそう思うけど、
確実に進化はしてきてはいるので。
 
そしてやっぱり、もっと簡単に日々楽しんで心地よく
働いて生きていけるはずなんで。
もっと器の大きい、大人になって。