金沢は、古くから残る、

現代人も圧倒するアートだらけな街でした!

 

どんなに技術が進歩したように見えても、

現代人には今や不可能な高度な職人技術があって、

そしてそういうもので暮らしを作っていて、

どっちが高度なのか??と、

どっちが豊かな暮らしなのか??と、

はたと疑問に思うこともありました。

 

そこの土地が魅力的かどうかは、

そこに伝統や歴史が残されているかが問われると思う。

 

金沢は・・・昔からの風情が美しく残っていて、

とても魅力的でした!!

江戸時代に想いを馳せらす兼六園

 

しいのき迎賓館

美しい建築物も多々残っています

(こちらは大正時代のものです、大正ロマンも素敵ですよね!!

大阪にもいっぱいあったのに高度経済成長期に壊されたのが残念!)

 

 

シンボルの木も美しい!

 

参門というのかな、ステンドグラスがはまっている珍しい神社、尾山神社

 

 

尾山神社、素晴らしい建築技術や装飾技術が残されています!!

 

このようなもの、現在作れる職人さんて、いらっしゃるんでしょうかね・・・

 

ちなみに、ガイドブックは買う必要ないです。

駅に観光インフォメーションセンターがあるのですが、

そこで見所を紹介するフリーのガイドブックと地図、

買った本よりも良かったです!

 

大阪からはサンダーバードで2時間40分ほどで7130円、

東京へ新幹線で行く交通費の半分!

 

また行こうっと!

 

金沢話、まだつづく・・・・