レ コッコレのご近所さんへ。

加藤正基と歩く丼池筋アート散歩。笑。

 

/ SHOP (水木休み)

丼池繊維会館2Fにあります。

レ コッコレから徒歩10秒、ダッシュ3秒。

 

加藤君は設計士さんです。

(とりあえずインスタで検索してみると、本人の写真作品から作風が見えるかもしれません・・・

ハッシュタグで本人が被写体の写真もいっぱい出て来ますが、プラスイメージになることを祈りますきのこブルーピピピ)

 

期限は未定だそうですが、

 

オランダに本社のあるIdea Booksで取り扱っているアートブックが

/SHOPの隣室で展示されています。

椅子に座って涼みながらじっくり見ることができます。

ジャンルはアート、フォトグラフィー、デザイン、建築、ファッションなど多彩です。

受注販売も可能です。

 

SHOPのしのちゃん(金、土曜出勤)オススメの一冊です。

古典料理とそれが発展したモダンな料理のレシピ、それに関連する食材の絵のパーツを

ライクス美術館展示資料から多数集めているという作品。

なぜページが半透明なのかという創作の意図はしのちゃんに聞いてみてね!

 

(昼に一緒に行動すると大抵いい写真が撮れません。

シャイというかローテンションというか、物静か風なことが多々。)

 

洋書なので解説が英語です、

しのちゃんにオススメしてもらって見所を抑えてからページを開くと

どう面白いのかが分かっていいかもしれません。

表紙を開くと概要が訳されているので、そちらを見てもいいと思います。

 

色んな表紙を見ているだけでちょっとワクワクしてしまう・・・

 

雨の日や猛暑の日、ちょっと静かに涼しく過ごしたい日に出かけてみてくださいね!

 

加藤正基
(普段、雑貨は無印良品で購入するようなシンプル派だけど

アーティスティックな物が好き、という方はきっと加藤の作風が合うと思います。

知らんけど。

夜になると漫画に描いたような天真爛漫な癒し系笑顔に。

時々レコッコレでなぜか厨房に立っています((立たされています!?)) 笑。

みなさん、加藤をヨロシク♫♫)