仕事に関する知識は普段から自主的に学習し、

現場ではできるだけ視野を広げて状況をよく見る、

自分でよく考える、

上司や先輩の動きを手を止めずに観察しながら仕事する、

 

本当に時々チラッと動きを見て確認することは

単純に言葉で聞くよりもたくさんのことを

日常的に学ぶ方法だと思います。

 

 

いちいち説明してもらわなくても

見て覚えられることはたくさんある。

 

例えばある仕事のおおまかな手順や、

その仕事に必要な道具や収納場所、

何気なくしているけどコツというような手の動かし方、

要領の良さ、隠し味、人との接し方、話し方、などなど。

キッチンの仕事に限らずです。

 

仕事を盗む、そういう表現があるけれど、

その意識で仕事に取り掛かるのと、そうではないのとでは

本人の成長具合や、仕事の捗り具合、質が全く違う。

それに伴う「ハッピー指数」、仕事に従事した人の達成感や

そのお客様の気持ちも変わって来るはず。

 

スムーズに新しい仕事に取りかかれるようになるし、

事前に目で取り入れた情報があると、

その仕事に関する前向きな姿勢や責任感が上の立場に伝わり

さらにハイレベルな仕事やその極意を

もっと教えてもらえる最高のおまけもある。

 

それがやる気のある人の仕事の覚え方だと思うし、

上の立場からして心理上、自分が死に物狂いで努力して得てきた極意を

やる気のない人に授けようとは思わないですよね。

 

今いるスタッフは

まずは自分たちの目で見て必要なことを考えてくれるので

すごく頼もしいです。

 

 

 

”レ コッコレとわたしプロジェクト”

ご参加 or シェアをよろしくお願い致しますぴのこ:)

 

”10月1日Sun マメ庭LIVE”

FBページでの「参加する」ボタンで予約完了!

予約していただくと割安です。