昨日ヨガの後で話題になったこと。

矢印こちらは靱公園より北西にあるプント エ リーネア

プロフェッショナル感がめっちゃ胸キュンなCafe Bar!

フレッシュフルーツとハーブで作るノンアルコールのカクテルをいただきました。

近所の美味しくて可愛いパン屋さんがあるのですが、そこのパンは持ち込みOK!!

 

 

ヨガレッスンの後4人でカフェしたのですが、

みんな海外経験があったり普段から特にフランス人と交流のあるメンバーです。

 

 

以前レ コッコレでフランス人を雇っていた時のある日のこと。

食器洗い専用のアクリルタワシで

彼は床に落ちたソースをゴシゴシして、自分の靴なんかも磨いて、

またそれから普通にそのタワシで食器洗い再開。

 

驚愕して「わわわ〜〜!!やめて、それで食器洗わないで!!」と言ったら、

 

「は〜〜〜???もう、ほんまに日本人はこれだから・・・」と

逆に呆れた顔で首を横に振りながら私の神経質ぶりにはトホホ、

といった表情をする。

 

(私はそのタワシは掃除用にもちろん回しましたよ!)

 

その話をさきちゃん(昨日書いたヨガの先生)が覚えていて、

来月フランス行くけど

「結構キッチンの衛生状態はどこでも不潔なんかな〜」と

ちょっと不安な顔になっていました。

 

働いてくれていたフランス人は、

海外の色んなところの5つ星ホテルで働いた経歴のある人で、

料理業界の常識を持ち合わせてる人な訳でして。

キッチンどこでもそうなの??っと疑問に思う訳はそれです!

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 

私がパリのパン屋で何回かスタージュ(研修)を受けた時のこと。

パン屋の地下にある工場では猫が3匹いて、気の向くままにさせていました。

 

パンを仕込む作業台にも上がります。

 

大量に成形したバゲットを置いていく、バゲットの観覧車のような機械がありまして、

 

バゲットの置く面はキャンバス生地のような布でしたが、

 

なんとそこに両手足を伸ばしきった猫が入っていることも!

 

猫がグルグル観覧車で回っている状態!!

 

バゲットには猫の毛やら、なんやかんやが間違いなく1000%紛れることありです!!!!

 

というようにですね、

 

先進国であっても海外の衛生感覚と日本の衛生感覚は全く違うわけです。

少なくともフランスとは・・・。

 

(先進国といってもフランスは実際、農業大国で、パリ以外はドドド田舎です、

パリのサイズも東京の世田谷区の大きさ程なんですよ。)

 

 

とにかく先進国でも日本では常識的にある衛生感覚が期待できないことにビックリします。

 

穢れを嫌う神道がベースにある日本の清潔感や衛生感覚、

実は日本人の特別な感覚なのかもしれませんね〜。