本日色々ありまして・・・

アップも遅けりゃ写真取り込めないんですがね。

 

昨日、安保徹先生の話題があがりましたので、ご紹介したいと思います。

このほどご逝去されまして、この動画もいつまで残っているか分かりませんし、

ぜひ今のうちにご覧ください!

私もいくつか著書を活用させていただいています。

 

 

 

栄養士&自然療法士として有名な東城百合子先生は、ガンは色々な原因があるとしても最大の原因は食事にあるとおっしゃっています。

そして先日参加しました腸内フローラの講演でも内藤裕二先生が、病気の最大の原因は生活習慣とおっしゃっていましたが、

つまり食事の乱れのことを指しています。腸内フローラが免疫を作るとおっしゃっていましたが、

その腸内フローラを正常に生かすのは結局食事がキーです。

 

戦後、経済の大発展とともに、生活の機械化が進み、確かに便利な文明の波に乗ったかもしれません。

しかし食事がインスタント、加工品、まがい品に溢れ、食品添加物と言う名の化学物質が氾濫する時代になりました。

また、農薬や化学肥料、遺伝子操作の食品も溢れています。

さらには、嗜好品中毒になった舌で、好みに任せて肉や砂糖、精製しすぎた食品の過食で血液を酸性化させていることが

大きなリスクを生んでいると思われます。

 

できるだけ家では精製度の低い穀物を主体に、海藻、根菜、葉野菜、野草、ゴマなどをよく意識して取り入れ、

手作りして食事をしましょう!調味料は天然醸造、天然素材のものを使い、添加物のないものを選びましょう。

外食がよくあるとすれば無意識に動物性食品や砂糖類は十分以上(つまり過食)なくらいに摂っている可能性が高いので家の食事では控えめに。

 

 

余計な加工や余計な添加物の入っていない自然な食事が、生き生きと仕事や遊びに打ち込めるカラダとココロを作ります。

免疫革命、起こしませんか?

 

食べる割合ですが、人の歯の割合を見ると、

穀物を食べる臼歯が20本、野菜を食べる切歯が8本、動物性食品を食べる歯が4本あるので、

だいたい5:2:1の割合で食べるのが自然の理にかなっているという見方があります。

 

ではみなさん、よい夜を!

そろそろ夕食をどうしようか考える時間かな〜。

 

レコッコレの一人晩御飯セットもオススメですよ〜!