昨日はさきちゃんのクリスマスヨガでした。

 

参加者に一人キャンセルが出たので、

私も参加させてもらいました。

 

大忙しの日曜日のランチタイム、

余裕がなく眉間にシワが寄るほどでした。

(前髪伸ばしてて良かった・・・

表情は固くとも、それはバレていないはず(苦笑))

 

仕事は山盛りあったけど、

スタッフが自ら仕事を任させてくれました。

 

スタッフに申し訳ないと思う気持ちや忙しさからの懸念、

お客様に本当はどういう対応がしたかったかなど、

仕事に関して巡る思いが自分の心を占めていたけど、

一時は意識的に追い出す努力をして、

いざ自分の心身と向き合う時間へ・・・。

 

さきちゃんのナビゲーションに身を預ける。

ちょっとしたケアや簡単な動きでも、

体に心地良い変化が起こることを感じてみる。

体の隅々まで空気を通すようにしながら意識を向ける。

すごく幸せな時間になりました。

 

体を動かした後、

ヨガの最後にあるシャバーサナ(屍のポーズ)で

ゆっくり寝転がる。

目を閉じてリラックスする。

意識がまどろむ。

そして

さきちゃんが一人一人にブランケットをかけてくれること、

デコルテをマッサージしてくれること、

その優しさに包まれるような気持ちの良い時間が最高です!

 

 

目を開けると、サプライズ!

フランス人のカーネルおじさんが、

いやいや、サンタさんがいて、

自分の顔のすぐ横に小さいプレゼントが置いてありました。

 

お休みしている間にプレゼントが与えられるという、

「大人だともうしない体験」をさきちゃんが

プレゼントしてくれました。

 

その後は、プライベートで、

Jeanサンタの家で鍋パーティー。

鍋の食材は私が買ったのでオーガニック鍋。

ゴマだれもお手製。

日本酒もかなり質が良く美味しいチョイス。

 

最後は、フランス人夫婦が買って来てくれた

クリスマスケーキを頬張る。

フランス流、サイコロゲームで飲む。

 

なんだろう、

いつもはね、クリスマスに集うことなく働き、

「日本人だからクリスマスはしっくりこない」と、

特に思い入れがないから無理にクリスマスモードを店に出すこともなく、

毎年「シングルベル」(→ジングルベルではなく・・)を

口ずさむギャグをして来ました。

あ、つまり、クリスマスをクリスマスらしく

楽しむことがありませんでした。

 

だけどなんども「Joyeux Noël」、メリークリスマスを言って、

みんなで美味しい鍋を囲んで、

クリスマスケーキを食べているうちに・・・、

 

友達と集う、それはそれでもちろん楽しいけど、

普段のパーティーには感じない、

心がくすぐったくなるような嬉しさが湧きました。

 

さきちゃんと「なんかいいね」「なんだろ、嬉しいね」って

言い合っていました。

 

私は、自分で選んだ道だったけど、

どうしても余裕ができなくて必死で働いて来たから、

そこで出会った仲間と、

その時にしか味わえない楽しさをシェアできたことが

本当に本当に嬉しかったです。

 

今日は・・

掃除、片付けなど、残して来た仕事をしに

店に向かいます・・・笑。