何だか満たされない現状が当たり前で、

必死な形相で、

日々苦しい思いをされている人がいるとしたら、

 

それは「足りている事」を忘れているだけです。

 

このブログを見ていただいている方は、ほとんど皆、

何でも既に持っている方です。

恵まれています。

 

たまたまネットのリンクで観て、胸を打たれた動画があります。

アメリカのホームレスだった8歳の少年の動画を観てください。

母親とホームレス保護施設を転々としていた少年。

やっと公営住宅に移り住むも、

キャンプ用の椅子が2脚、エアマットレス一つだけの殺風景な部屋。

(画像は『Mirror 2018年1月11日付「Homeless boy who has ‘only ever wanted’ a bed has amazing reaction when he’s given his own fully-furnished room」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット)

 

少年は床に毛布を積み上げて寝ていたそうです。

ある非営利団体が「自分の部屋とベッドが欲しい」という彼の夢を叶えた時の動画です。

 

<情報元>

http://japan.techinsight.jp/2018/01/ellis05330102.html

 

雨風しのげる部屋、

暖かい寝床、

毎日着替えられるほどある服、

ネット環境、

携帯、

清潔を保ち体を温める事のできる風呂、

コーヒーを沸かすポットやガスレンジ、

知識を与えてくれる本、

 

何でも持ってるね!!

生活の基盤があり、仕事もある!!

 

「足るを知る」、知っているつもりが、忘れていました。

 

不足感から幸せを感じていないのであれば、

思い出して欲しい、

既にこんなに満たされていることを。

 

もしかすると多くの時間を、

余計なことで悩むことに費やしていたかもしれません。

 

そして本当に本当に生きるか死ぬかの

苦しい生活を送っている人には

少しでも手を差し伸べて、

希望を与えたいですね。