オーナーの小話

ご縁とアートのはなし

 


最近、アーティストの灰野敬二さんがお店に来てくれました!!

ライブを生ではまだ見たことがありませんが、絶対やばいと思います!!
なんかほんまもんのアーティストやなって感じるものがあります!

音楽にすべてを捧げていて、そのために食事は菜食主義です。
それでご縁あってお店に来て頂きました、大変喜んで頂けて、
食べてる最中も体で表現していただいてるのがうれしかったし、
かっこいい大人なのにかわいらしかったです。

装うものが黒とポイントにシルバーっていう2色でも個性的で、
すっごく似合っていて、格好良かった!!



ゆかちゃんと行った六甲Meets Art。去年は行きそびれて、今年やっと行けました。
わたしは直島に行って以来、アートの楽しさが本当に感じれるようになったかも。
六甲でも自然と一緒に体感できるおもしろいアートが色々ありました。

↑写真ではゆかちゃんも作品の一部に。



↑「人の巣」っていうタイトルの作品。

来年2月から今のビルの3、4階もレ コッコレが使うので、
だれかおもしろい感覚を呼び起こしてくれるアート展示をよろしくお願いします!!
庭も使えるしね!!





六甲山のオルゴール館、めっちゃおもろかった!オルゴールなんて・・・と、
つまらないイメージあったけど、すっごく癒される音だし、ほんまに楽しかった!
この自分で大きいハンドル回して鳴らすオルゴールが店にほしい!!開店時と、おやつの時間に鳴らすねん。あとはとびきりハッピーな時♪

出張オルゴール館、うちの店でやってくれへんかなー。

写真のオルゴール、いくつか選曲できるのだけど、
かわいいオルゴールにも「六甲おろし」が流れるよう施されるっていう、
そんな関西ノリが大好きだと思いました。



ドイツとベルギーを行き来している友達が、突然出張で大阪にやってきて、
お店に来てくれました。3年ぶりで、連絡もなかったしパニクりました。
「あれ?○○君に見えるけど・・・・???」みたいな。

昔、私が弁天町でイタリア人と住んでいた頃、
今は彼の奥さんになったイタリア人女性とうちらがもともと友達で、
同じ団地に2人で引っ越してきて、しばらくかなりご近所さんだったのでした。
懐かしい!!

彼は海外にいると日本をより客観的に見えると言い、
そして海外の、色々な国籍の人と話す中で、日本人には伝えられにくい日本の本当の歴史、
海外でも似たり寄ったりで起こっている政局の危機、それによる市民に起こっているリアルなど、かなり学び得ていました。

歴史観はかなり私の思う真っ当な感じで、熱烈に話が盛り上がりました。

日本を客観視できる・・・・
私が海外の人と友達でいることが楽しいと思う理由の一つだと思う。


3年前はこんな話全然しなかったし、とりとめない話しかしてなかったかも、
今になってこんなに気が合うなんて。
ご縁の不思議さよ。







オーナーの小話

このごろ

 わたしは基本的にただ人と会って、だらだらぬくぬく世間話に花を咲かせてお茶をするような時間の過ごし方はしません。そもそも時間がなく・・・。

会うなら夢を膨らませて、ワクワクと、前向きにアクションしていく話ができる人とが好きです。

常に自分のやりたいことを追求して勉強して、でも実際形にしていくのが私には時間のかかることなんだけど、それでもそうしようとしているわけで、

そういう風に私が、そして誰かが何か本気で楽しんでやりたいことをやる、それは回り回って、世間の人のためになるものだと信じています

近所の写真ギャラリー&shopのAcruさんのように、自分の好きなことをどんどん形にしていってるような人が私は好きで、彼を大変尊敬しています。


Acruさんと、この日はこれまたご近所の、以前にも紹介しましたが、Ivy&Navyのケーキバイキングに行きました。愛情を感じるおいしいケーキがたくさん用意されていました。

ビーガンスイーツ以外でケーキを食べることといったら、この店くらいしかないかも。





うちも24日にケーキバイキングをやるので、そのように愛情が伝わるケーキを作りたいです。

Acruさんとは、来年どうするか、コラボ話も含めてしてました。
Acruさんの次の取り組みや、大阪マラソンに出る話、そのとき使用の凝りに凝ったかっこいいカメラのかぶりものの話など聞いて、真剣にこだわって楽しむ姿勢に、尊敬のまなざしを向けずにはいられないのです。私よりもぜっんぜん気合い入ってるねんな〜、仕事も遊びも!!

仕事を真剣に遊ぶ!!こんな感じが大好き!!

また、お店のあり方としても大人な意見が聞けて、いつもいいアドバイスや刺激がもらえます。こんなご近所さんがいて、とってもラッキーです。

そして、うちのスタッフをしてくれている友達のゆかちゃんも、そんなワクワク話ができる仲間で、11月末に一緒に六甲Meets Artに行きまして、地元でベジフェスやりたいとか、これから向かっていく方向、楽しく真剣に生きる話をずーーーーっとしてました。

その時に寄った六甲のCafe 六珈↓ おいしくコーヒーをいただきました↓

Cafe 六珈は、うちのオープニングスタッフの松山君が1年前くらいに開いたお店です。
脱サラしてうちの店や芦谷でカフェを経験し、

(うちの店なんて彼のセンスのいい趣味とはかけ離れていて役に立ったんか全く謎で申し訳ないわけですが、)

自分の大好きを形にした1人ですね。
春にも紹介したけど、ほんまにいい空気のお店です。かなり落ち着くいい時間が過ごせます。
ここに入ると、時間が止まったかのような、濃密な時間が過ごせます。
松山君のこだわりのコーヒーを是非味わいに行ってください!












オーナーの小話

知識の整理



何かと情報が紙という媒体で手元に入ってくるのですが、
みなさん、何かを手にして読んだ後はどうしてますか?

ほんと、大した話ではないのですが、

私はシモジマが店の近所ということもあって、文具が買いやすく、
A4のキングファイルに、ルーズリーフ形式の袋状になったビニールに
ホイホイ入れてまとめています。


何かを整理する時って細かくきちんと管理しようとすると猥雑になるので、
このファイルではカテゴライズしてません。一つの紙媒体に複数のジャンルが載っていたりもするんだし。だから「なんでもファイル」、です。
見やすいし、自分が入れたファイルだからペラペラめくっていれば目的のものはすぐ
見つかるもんで〜。

だいたい社会問題を取り上げてある大事な記事が多いのですが、
他にも医療情報やアート情報、ちょっとしたタウン情報紙みたいなんも混ざっています。

あとは、何か見聞きしたことや講演会ノートをルーズリーフで「ざっくり」で
ジャンル分けして残しています。
「書いたら覚えないから今覚えろっ」と誰かに教わった気がして、
書き残さなかったことを、結局やっぱり忘れてしまうパターンを悔やみつつ。

あと、この一ヶ月はろくに読書もできなかったのですが、
本を読むときどうしますか?

本を読み進めている内は色々分かった気がしていても、閉じるとエッセンスしか残っていない。それは何かを勉強して人に伝えていきたいと思う自分には、もどかしい、自分にじれったい感じがしてきます。

でも、じっくり勉強して書き残して覚える作業はしてられないので、
本に付箋をつけまくって、重要箇所にはラインを引いています。

そして一度読んだ本というのは、2度目パラパラ読むだけでも割と勉強、復習できる
それこそ速読レッスンに通っているわずかながらの成果かもしれないけど、
そうやって復習したりします。

こうやって書くと、私、なんだかめっちゃ勉強家みたいな感じの伝え方かもしれないけど、
そんな時間とれてないので、しれてます。
時間がないからこそ、必要な情報をすぐに引き出せる工夫をしています。
復習に時間がかかることや、不管理ゆえに情報を探しなおす手間ほどあほらしいものはない
なって思って。

私の書いたフリーペーパーは実は二つ穴をあけるスペースを密かに確保してました、
誰か綴じてくれていないものかなあ〜。



オーナーの小話

観に行きたい映画!!


 遺伝子研究で世界的に有名な村上和雄さんの著書を愛読しています。

最近では原発問題もからめて「科学者の責任」という本を出されました。
タイトル固いイメージかもですが、超読みやすいので読んでみてください!!

そしてその村上さんを映画にした「祈り」、ただいま大阪で公開中です!

「祈り」公式サイト↓
http://inori2012.com/

大阪での上映↓
http://www.theater-seven.com/2012/movie_inori.html

科学的物質や食べ物などによる物質シグナルよりも、
心、想い(=波動)がその100万倍の速度で
体のコンディションに影響するんだそうです!!!

これは村上さんの著書で紹介された他の世界的権威のある科学者であるリプトンが言ったことですが、
村上さんも心や思いという非物質エネルギーの効果の大きさを多々症例を挙げられて説明しています!!

だから、こんな世の中ですけど、そういう純粋に平和を祈る心がもしかしたら
ぐぐっと世の中の進行方向を変えるかもしれない。

前向きな強い想いが遺伝子のスイッチをオンにして、
放射能に対する免疫の強い体に変えるかもしれない??


村上和雄さんの諸著
「こころと遺伝子」
「SWICH」
「科学者の責任」

最新の方、これら3冊持っていて、どれもかなり分かりやすくておすすめです!!






オーナーの小話

掛け替えのない人

 今日、ランチのレギュラー様が夜おみえになって、ワインとお食事を楽しんでくれて、

「実は事務所が新大阪に移るし家も遠いんで、もう来れないんで最後に来ましたー!さみしー」ってお話してくれました。

ほんまに最後で食べ納めってことではなく、また機会あれば足を運んでくださることと信じたいものですが、

ほんま、普段ね、めっちゃ話しているわけでなくても、
よく顔を見せてくれて、うちのお店に馴染んでくださっている方とお会いできなくなるのは本当に寂しいです!!!!

お客様にとって、ちょっとは生活の一部になってくれているのか、
お客様も私の一部になっているので、

ただ、お会計の時にちょっと顔を合せる程度でも、温かい気持ちを交換し合っているような、とてもいい関係であったりするんですよね。

(温かさを交換するというより、逆に私がいただいているようにも思えるんですが・・・・・・・・。)


そんなに話す機会がなくてもお客様の愛情や好意とか、温かさとか、

そう言葉にしてしまうと大げさな感じになるけど、そういうものは伝わるんです、


ただのお店の人って感じでなくて、ちゃんと「私」っていう人として見てくれてることが分かる。

だから私はただの店員でないことがうれしいし、
殺伐とした世の中で人と人の繋がりを感じるし、

お店を気に入ってくれるってことは共感できるものがあるってことだし、

ハッピーだと思えるんです。


そんな掛け替えの無い人が1人遠くに行ってしまうのが寂しい。

普段当たり前のようなことは実は当たり前じゃない。

それ、時々忘れてしまいますね。

日々の生活が当たり前の生活だと思っていたら、地震が来て津波が来て・・・・だったりしたしね。

日々当たり前のような幸せを噛みしめたいなあ。
















オーナーの小話

ハッピーを伝える

 お店に届く野菜の写真・・・撮ってるだけでアップせずに季節が過ぎて行く・・・

もう秋の気配が来てますよね・・・・さみしー。

そして今日も色々書きたいところ、

ピックアップした気持ちは、
今日すっごくお客様のおかげさまで心が満たされてたっていう話。

今日はスタッフと話し込んでいて、
ある店に集まっているお客さんに連日すっごく不愉快な気持ちにさせられた上に、
かなり疲れてしまったっていう話を聞き、私も同じ店で同じような経験をしていて、
結局、「類は友を呼ぶ」っていうあのルールがよく目に見える形で現れているって感じたんですね。

なんかこの時点で他人の悪口書いてるみたいな、余分な話である気もしないけど・・・・。

そして、他のあるお店は、いつ足を運んでも、そこに来ているお客さんってすっごく感じが良くて、すっごく丁寧で親切で、礼儀正しくて、ちょうどいい距離を保っていて、温かいんですね!

そう、それはもう分かりやすいんです、オーナーの雰囲気を両方の店ともキャッチしているんです、波長のような感じ!!

やっぱり集まっている人が自分の映し鏡ってこういうことなんですよね。
普段自分が気が付いていないだけで、周りには共鳴する人がいるんだってこと、めっちゃ勉強になる!

で、我が振りを見て・・・・はっきり言って私は、ほら、素 じゃないですか。
そんな愛想も良くないし。態度もナチュラル思考(?笑)で自然体・・・・よく言えば。

でもね、スタッフのおかげさまが大きくて、
うちの店はたった今日一日だけでも、
かーーーーーーーーなり素敵度が高い人の集まりなんですよ!!!!
もうね、お会いしてるだけでこちらが満たされちゃって☆☆☆


スタッフがとてもピュアでハートフルな人柄なだけに、その不愉快な話を聞いてえらい気の毒に感じたけど、そのおかげでいいことに気が付いたな〜 

もうね、向けてくれる笑顔がすごくいい人ばかりやもん
あいさつも気持ちよくて温かくて、花も植えてくれたりするし、
心の通える人が多い。

このブログを見てくれてるって話してくれた人がいて、
元気がない時にも見て色々気付きを得てくれたりもするらしく、
そういうことをほんまわざわざ感謝の想いを込めて丁寧に伝えてくれた。

他にも今夜、すっごく感じのいい、楽しくて、あったかくて、好奇心旺盛で、大人で、
丁寧で、分別のある女性のグループがいて、

何の集まりなんですかって聞いたら
「自主マーです」って普通に答えるんですよ、普通に言うけど有名ちゃうやん、
聞いたらまだ3回目らしいんだけど、
「マーマーマガジン好きが集まって自主的に勉強する会」らしいんです、
なんかいいでしょ!? 
集まる目的も、そのさっきの返答も、チャーミングっていうかかわいいジョークな感じが笑っちゃう。

色々楽しく勉強したいっていう、明るくて、力が抜けていて、バランス感覚のいい感じの空気。

ほんま今夜みなみなさまが最高やった!このレベルの高さに私すっごくびっくりしたし、
すっごく満たされて幸せやった!

今度タヒチアン踊ってくれる人達も、めっちゃいい感じに明るくて楽しい大人の女性って感じ!!!!
オーラがもし見えるとしたらホワイトゴールドとライトピンクがキラキラしてそうな!!

楽しいパワーが溢れるお店作りをこれからもっと意識してやっていきたいです!!

ほんまに、レ コッコレに関わってくれている皆々様、ありがとうございます!!!



オーナーの小話

ある日の休日



わたしの住む長屋には、4畳弱サイズの庭がついていて、
お風呂の窓と部屋のガラス戸を通して見る事ができる。
朝風呂は朝陽が差し込んできて、緑が見えるから気持ちがいいっ♪

といっても、手入れは行き届いていませんが・・・・。
3月から6月まではつばき、桜、つつじ、あじさいと次々と咲いてくれます。

店の庭も手入れがいっていないのに、家までなかなかですが、
ある夏の日の朝に、雑草を抜きました。

本当は、もっとゆっくり手をかけて、気持ちのいいお庭作りがしたい。
店の庭も同じこと。

時間作りがテーマです。

こういうことって暮らしを、心を、とっても豊かにするんです。

都会にいながら、自然の美や生命に触れ、大切な感覚を思い起こすきっかけにもなる。

理想の暮らしにはまだ手が届いていない。
時間をゆっくりとれる生活。
でも去年よりはだいぶいい感じになった!

生きるのに、大切な事は食事だけじゃない。

わたしは自分の生き方を、自然に学びながら理想的な形で体現したいと思っている。
それで、
じぶんが元気に快活に生きること、
夢を叶えて好きなことを仕事にし、ワクワクしながら働くこと、
マイペースに生きることを自分に許すこと、
それらをみなさんに提案できるようになりたいって思う。

マイペースっていうのは、対人関係とかモラルとかなおざりにし、
人の道をはずして自分勝手に生きるという意味ではない。

詰まらん慣習とか常識とか思い込みに縛られたり、
自分のやりたいことを自分でいっぱい言い訳して言い聞かせて、
自分で制限してしまっている生き方をやめる、
焦ってがむしゃらになり思っている以上にヘトヘトになっている自分に気が付いて
休む事を許す、そういうことです。

ただどういう風に生きたいかをあまり具体的に書く勇気はちょっとない。
まだ多くいる超現実的でまじめな人には理解し難いことだろうな〜。







オーナーの小話

マックとマッチ

タイトルがなんか物語の名前みたいでかわいいでしょ?

でも実際辛口トークです!!

「マックは食べへんけど」と言うけどMATCHは飲む。

不健康レベル的に、一緒やろ!!!

それをおいしいと思うセンスがもう残念っ

化学物質に汚染されている日本人!

ちなみにそういうドリンク、自然なものしか口にしない私が口につけると、
ちょーーーーーーケミカルな味がして「おえーーーーーっ!!!」ってなります。
ケミカルをケミカルと感じないのは、強い刺激に脳が慣れてしまって、
鈍感になっているからです。


オーナーの小話

本町の座間神社

 それで、続きなんですが、
小西先生に座間神社に行く事をおすすめされました。

人によって合う神社は別ですよー、ちなみに。小西先生に聞いてください。



あじさいの花は終わっていたのですが、緑がきれい!!!
すっごく気持ちよかった!浄化された気がした、心が軽くなったもん!
生命力とか精霊みたいな「生きているエネルギー」が漂っていた。
都会で貴重な場所です。



立派な蓮が大きな鉢に植えられていて、この立派なつぼみ!!!
めっちゃ大きいねん!!
あと5日くらいで咲くかな〜って神社の方が言っておられました!

なんか咲いたら満面の笑みのちっこい桃太郎みたいなやつがおるような気もする。

オーナーの小話

意欲的にイキイキ生きること

 
ある人(具体的には過去の記事に書いたacruのシノハラさん)に

どうしてそんなにハード(睡眠時間がとても短い!)に仕事(もの作り)をされるのかと聞いたら、

なんと「恋愛と同じで、それがしたくて仕方がないという衝動」というようなことを
おっしゃったんです。

なるほど!!!

やりたくてやりたくて、やられずにはいられない、って感覚ですね。
恋愛で恋人に会いたくて会いたくて仕方なくて、その気持ちを抑えられずに
疲れていたって電車に飛び乗って会いに行ってしまうような衝動なんですね。

何かに意欲的に取り組んで生きる事を恋愛に例えると、
多くの人は分かるんだと思うんですね、

何がやりたいことかさえ分からない人が多いけど、
恋愛している人は多いですもん。恋愛に生きている人っていうのか。

そういう風に、何かやりたいことに意欲的に取り組んで、
自分のパワーや個性や創造性を発揮してイキイキ生きるって素敵でしょ?
そういう生き方よくないですか??

私もやりたいことを見つけて意欲的に生きる生き方を見つけました。
どうしたらそういう生き方ができるかってヒントになるようなことを
本にしたいなって思っているんですよね〜。

そしてシノハラさん達にも聞いてみたい、
どうしてそういう道に辿り着けたを。

今度そんな人達に集まってもらう機会を作ったので、
お話を伺ってみたいと思います。