レ コッコレ日記

移転まで53日の今日は

結晶かなり寒いですね!体がガチガチです。結晶
明日はそんな寒い中、極寒の奈良の奥地に向かって
弟の畑の動物対策の柵作りを手伝ってきます。
寒さがこわいっニョロ

今日は土曜日お馴染みのお客さんに来てもらって楽しくランチ営業を終え、
ドタバタ片付けて豆庭ビルに向かいました。
お店の中をどういじって、テーブルなんかをどう配置するかを
2階を手伝ってくれる相方のユウちゃんと相談してイメージしてきました。
最近まで焼き肉屋さんだったので、床が黒く汚れていたり、
冷蔵庫はお肉の臭いがばっちりついていたりで
自分色に染める前にも色々苦労しそうです。
なんてたってビルが古いので、清潔感を出す工夫も大事だと思っています。

そして割と日も落ちかけて暗くなってきました。
本町のアンティーク家具を売りながらカフェバーを営むお店に行ってきました。
お店はまた別の機会に紹介します。
いきなり座り心地のいい藤椅子、丸テーブル、2階のカウンターテーブル用の椅子とか見つけて予約してきました。
(写真ブログ用に取るの忘れた!!)
お店の人がお店作りに理解のある人で、とってもテンションあがりました。
半分くらいは目処がたって、安心しましたラッキー

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
話は変わって。
最近ますます感謝感激ストーム。
たくさんお店に天使のような、聖人というべきか、そんなレベルのお客様に来ていただいています。
あるお客様を、整体サロンをされているお客様に紹介したところ、
「ご紹介ありがとう!来てくださった方、すっごくいい人ですね、あれはもう聖人ですよ、
さすがレ コッコレ、いい人が集まっている!」と言われました。
私が褒められてしまった感じでしたが、ほんま私なんか素敵な方に感激してばっかりで、
自分の未熟さをものごっつう痛感させられています。
たくさんの人に支えられて今があって、本当にラッキーです。
またお客様の天使っぷりも次回に触れてみたいと思います。


レ コッコレ日記

料理試作と移転まで54日の今日は・・・

天気いいです!
今日は移転先のビルの4階でギャラリー開設予定の友達と
ビルの運営者を引き合わせる日です。
3階も企画中ですが、まずは4階をフィックスしてからです。

ビルは今まで「マーメイドビル」というかわいい名前でした。
「マーメイドビル」でネット検索すると、過去にたくさんのアーティストさん達が集まって
おもろーイベントがなされていた様子が分かります。
その過去に、私はこのビルに密かな憧れを持っていました。
そして今、そのビルにお店を引っ越せることになったんです。


(1月まで焼き肉屋さんが営業していました)

と同時に、ビルの命名権を頂きました。
新しくつけた名前は「豆庭ビル」です。
庭、というか空き地がついているビルなんです。
(イノダさんというお店によく来てくれてる人が命名権を買って「イノダコーヒー」にするという
他の店名のパクリ提案もありましたが即却下ですイヒヒ

小さいビルで小さい屋上もあります。
昨日思いついたのは、「豆ビーチ」企画です。
パラソルをいただいたので、人工芝をひいて、デッキチェアでもおいてみたら、
きっといい昼寝スポットになると思います。
本当は砂でも敷きたいけど、風で舞い散ること間違い無しです。

*** *** *** *** *** *** *** *** ***

話は変わりますが。
昨日料理の試作をしました。
今年のテーマは「野菜のごちそう」です。
野菜の料理がメインになるように、ゆっくりですが試作を進めています。
そしてそのこだわりは、乳製品や動物性の食材を全く使わずに作るところにあります。


これは天然酵母、有機全粒粉パンの上に、オリジナルマッシュポテト、重ね煮した野菜やリンゴをのせて
オーブンで焼いたものです。名前はまだありません。
まだ完成でもありません。

他に最近はブロッコリーがベースのブロッコリーハンバーグが
お店で人気を集めています。

よかったら食べに来てくださいね♪


オーナーの小話

いい衝撃を受けた、カフェwad

昨日はとても天気がよく、また暖かくて春の到来を思いました。
けど、今日はめっちゃんこ寒くて肩を縮こめてしまいます、
風が肌を刺すようです。

最近美容院に行く時間がとれなかったのですが、昨日は髪をいい加減切りたくて、
突然「えいっ!いまだ!」と自転車に飛び乗って行ったわけです。
そしたら行く途中、新町のビルの2階にカフェを見つけました。
えっ、こんなところに!しかも器を売ってるって書いてある!
興味津々で美容院の帰りに寄りました。
wadという、器に凝っていて、心から温かくもてなしてくれるお店です。
直接器の産地まで行って買い付けてくるフットワークの軽い年下男子の店です。↓
 
http://wadcafe.seesaa.net/

デジカメがなかったのでwadのHPの写真をそのまま貼るとこれです↓


こだわりや信念がほんものです。
おもてなしの心もほんものです。
滅多に出会えないようなお店だと思います。
あまり書くと楽しみも減るかもしれないからとりあえず足を運んでください。
不定休だそうなので、ここメインで行く時は電話した方がいいかも?
28歳の男の子がやっていて、彼が陶芸家に依頼してつくる器を通して和の心を海外にも発信しようとしています。
とっても共感できる想いがあって、ほんまにうれしい出会いでした。
出てくるお茶や和菓子も素敵です。おいしい♪
ほんま通ってしまいそう・・・。
何か一緒にコラボでイベントしたいな〜と思います。

そして。
レ コッコレの移転準備は遅々として進んでいません。
数えてみると移転まであと55日。
テーブルや椅子を先決しないと形にならないので、家具屋が載ってるLマガジンとかひっぱり出して
ネット検索してみてます。お手頃で欲しい感じを探すのはめっちゃ難しいです。
工務店勤務のしんちゃんに食器棚なんかは作ってもらうと来週相談してみる予定ですが、
椅子やテーブルは数があるのでしんちゃん1人の手では間に合わない。

あるカフェで聞いたのは、ヤフオクなんかでソファーを落として
布を張り替えるといいよって。なるほど!
その店にはとってもかわいいソファーが置いてありました。

そこでオークションページも見てみましたが、
なかなかこれといったものが見つかりません。
「お金がないとほしいものが手に入らないし、
逆にお金さえ払えばいいものは揃うんだ、わははは!」というような
おもしろみのないこと言いたくありません。
どっかで、修繕が必要でも安くていいものを手に入れて創意工夫で楽しみつつ準備していけたらと思います。
でも時間がかかります、ある程度納得するくらい好める物を探すっていうことは。
理想100では探してないんですが。

今週の土曜日は、そんなわけで夜の営業を閉めまして、
Lマガジンに載ってる家具屋を少し巡ってみようと思います。



レ コッコレ日記

移転の準備中に寄った、米粉のパン屋さん

ごぶさたしております。
1月が行ってしまいました、早いもんです。

さて、まだ詳細が決まっていないのですがお店の移転が決まりました。
4月1日オープン予定で丼池ストリートの庭(空き地)付き4階建てのビルです。今の場所から徒歩5分もかからないくらいです。
1、2階がレ コッコレで3階が企画中で4階がギャラリーです。
3、4階はそれぞれ友達が運営します。
てなことで準備に忙しいのですが、今の店の営業と併行でやらねばならず、時間がなくって焦ります。
何からやればいいのか分からなくもなります。
とりあえず1月31日の日曜日はトラックで奈良と大阪を走って
リサイクルショップを回りました。
食器棚や椅子など家具を買い、修繕して使う予定でした。
しかーーーし。全然いいのが見つかりませんでした。
戦利品、椅子二脚。

奈良県は郡山に、Inhiという素敵な英国アンティークの家具屋があります。
家具の参考に見に行ったのですが、そこでとても心地いい衝撃を受けるわけです。
素敵すぎました!!デザインもそうだし質や味にも。
その家具を使うだけで生活観がガラリとかわりそうなものでした。

そこに向かう途中、ずーーーーーーーっと行きたくて仕方なかったパン屋に寄りました。
睦美です。→ http://www.kome-623.com/top.html
うちのお店に来てくださっていた、小さくてかわいい天使みたいな女の子が出したお店です。
パンを一見してすぐ彼女らしさを感じました。
ころころすべすべでかわいい感じのパンがずらり並んでいました。
米粉でもっちりとした焼き上がりの、間違いなくかなりおいしいパンでした!!!!
デジカメの電池がなくて写真がとれなかったので、
睦美のHPの画像を載せますね。こんな感じ↓






その後そのパンをトラックでありがたくいただきながら大阪を走り回りました。
前述の通り、いい物は見つかりませんでした。
しかも割とリサイクルでも高い値段がついてたりするんですよね〜。
業務用商品のリサイクルショップが残念ながら閉まっていて見る事がきませんでしたが、
エスプレッソマシーン、小さくていいからどこかで安く手に入るといいな〜。
食器洗浄機のカンパをお店で集めていましたが(正確にはお客さんが
カンパ用に貯金箱を置いて集めてくれていた)、業務用の食洗機だと
ばか高いんですよーーーーーっ、リサイクルでも30万円はするので、
買うとしたら家庭用にしますが、実際使い勝手とかどうなんだろう、
リサイクルショップにあるものは、売られるってことは役立たずだったのかも・・・

なんてですね、色々買い物にも悩むわけなんです。

おすすめの中古家具屋さんや、かわいくて値段手頃な食器の揃うお店があったらどなたさまか教えてくださいっ!!



イベント案内

10日に見よう、注目上映会!!!!

あーーー、まだ日にちがあると思っていたらその日は目前だった!!
お知らせがギリギリになってしまったけど(コトピーさんごめん!)、
みなさんに行ってみてほしい映画の上映会があります。

最近割と有名になってきましたてんつくマンのドキュメンタリー映画、
「107+1〜天国はつくるものPART2〜奇跡は起こり連鎖する編〜」 岡野眞規代さんのトークライブ&スライド付き、です。

http://maketheheaven.com/movie2/story2


まずてんつくマンが何者かというと、
昔ダウンタウンの番組にも出ていた(たぶんガキ使)山崎邦正とコンビだった䡄保さんです。
今はものすっごい行動力で、「こうだったらいいよね〜」って人が夢見ることに
果敢に挑戦して実現してしまっている人です。
環境問題や貧困問題に楽しくおもしろくセンスよく、多くの人を巻き込んで取り組んでいます。
路上で筆を使った書き下しメッセージを始めた元祖かも??
メッセージ本「天まで届くアホになれ」は、20代初め社会に出る前に私の人生の指針にも大きく影響しました。良書です。
ブログはこちら、http://ameblo.jp/tentsuku-man

************************************************
 映画のあらすじ (HPから一部抜粋)

愛知県岡崎市にある自然分娩の吉村先生はこう言う。
「しあわせなお産が日本を変える」

家が近いところの病院で出産するのか、それとも、じっくり探して納得したところで出産するのか?
それで、子どもだけでなく親の人生も大きく変わる。

毎日、生まれてくる小さくて偉大な命。
この命を未来に繋げたい。

今、世の中は天国?
ニュースから流れてくる悲しみや怒りの事件や事故、そして災害。
そんなニュースを見てただただ、涙を流しても、犯人に怒りを向けても世の中はなにも変わらない。

多くの人が自分に問いかけた。
悲しみの事件や災害がもう起こらないように、世の中に笑顔が溢れるように、今、自分に何が出来るのだろうか?

すべてはやるかやらないか、あきらめるかあきらめないか?
動けば変わる!

・・・(中略)・・・・・・・・

答えの一つが植林だった。
よし、木を植えよう!と中国で植林が始まった。
そして、その植林に末期ガンの野見山さんが参加していた。

「残りのわずかの人生、木を植えます。この植えた木は私が亡くなっても多くの命の力になってくれるはずですから」

日本に帰ると奇跡が動きだした。
検査をすると癌の腫瘍マーカーの数字が一気に下がった。
そして、次の年も野見山さんは植林に参加した。

さらに、余命半年、二年後に生きてる可能性は0%と言われた杉浦貴之との出逢いによって、生きる気力をもらう。

それは、夢。
杉浦は夢の力で奇跡を起こした。
1999年に末期ガンを宣告された杉浦は入院していたベッドの上で毎日描いた夢があった。

いつか元気になってホノルルマラソンを走り、ゴール地点で彼女と抱き合い、次の日、ホノルルで結婚式をする。
杉浦は6年後にホノルルマラソンを出場し完走を果たした。

残念ながら彼女はおらず次の日、結婚という夢は叶わなかったが。

その杉浦の話を聞いた野見山さんはホノルルマラソン出場を決断。
杉浦も野見山さんをサポートする為に彼女と一緒に参加。
さらに、その挑戦に刺激された、障害を持った仲間が次々に参加!
そして、その挑戦者達をサポートしたいと応援者達も集まった。

2008年12月14日朝5時、ホノルルマラソンは始まった。

人間の可能性は無限だ。

************************************************


この上映会は、レ コッコレに来てくださっている方が「動けば変わる」のてんつくまんのメッセージを受け、
友人とチームを組み、友人チームの地元泉州から変えて行きたいとの思いで企画されたものです。

この映画は私も10日に初めて見る事になるのですが、
既に別の上映会で見た事がある人に評判を聞くと大大大大大大絶賛です!!!!!!めっちゃ感動するらしい!!!
(パート1は見た事があって、これも良かった!!)

岡野さんは北海道に普段いらっしゃるとのことでスピーチが聞けるチャンスもそうないことです。
人に聞いた話ですが、岡野さんが婦長として勤めていた自然お産の吉村医院では、
産声すらあげずに生まれてくる赤ちゃんがいるそうです。
泣くのは母親から離されて怖いからなんだそうです。
吉村医院では、お母さんの胸元で静かに眠っているそうです。
生まれて来た時に血まみれでもないし、すぐにお母さんの胸元に抱かれ、安心して眠るんですって!!
妊娠中からお母さんが江戸時代の女性のような身体作りをしていると妊娠している事を喜べ、
楽しく感謝の心で過ごすと赤ちゃんは笑顔で日々目も開いているという話も!!
以前に岡野さんとお話しされた方によると、
我々の生きる意味はどこにあるのかや自然とは何かが伝わってくると言っています。

映画もいいけれど、お話がセットの方が絶対いいと聞いています。

てんつくマンの映画は、ほんまに人生観が変わるというか、
「何ぐずぐずしてるんだよ、誰だって動けば変われるんだ、やれるんだ!!」って
思わされる映画なんです。しかもめっちゃ楽しく仕上がってます。
見ていて勇気も沸くし、夢も膨らみ夢が目標となる。
これは映画パート1の感想になりますが。

ということで。
10日はたかいし市民文化会館で会いましょう!!

<上映会詳細>
*日時
1部:上映会のみ 開演 10:00〜
2部:上映会13:00〜 & 講演会15:30〜
3部:上映会のみ 開演18:00〜

*上映場所
たかいし市民文化会館 アプラホール(小ホール)
http://www.appla-hall.jp
南海本線「高石駅」下車東へ徒歩一分

*料金
上映会のみ 前売り1000円、当日1500円
2部(上映会と講演会)は前売り1500円、当日2000円

*お問い合わせ090-2193-3893(山内さん)、080-3763-7039(佐野さん)

*申し込み
名前と電話番号、参加の時間帯を明記の上、
FAX 072-261-7126 あるいは
PC Mail kotubu_2009@yahoo.co.jp まで