ZUTTO KID BLUE online store ハレの日キッチン
健康ネタ

やっぱりお米を食べよう2 糖質ダイエットの理論

前回の補足です。

 

なぜ炭水化物ダイエットあるいは糖質制限、という

健康指導、ダイエット指導がされいてるか、

その理論を見ていきましょう。

 

 

炭水化物、糖質は、ブドウ糖となり細胞内でエネルギーとして変換されます。

 

運動が不足していると余剰分は体内で蓄積、

ブドウ糖はグリコーゲンという形で肝臓に貯蔵。

 

さらなる過剰分は中性脂肪になります。

 

問題は血液中に増加した糖が血糖値急上昇を招き、

血管に多大な負担をかけます。

 

糖が体内のタンパク質と結びつき老化促進物質が増加

これが最近よく耳にするAGE(糖化最終生成物)です。

 

人体のどこのパーツもほとんどがタンパク質でできているため、

AGEが増えると化石化、老化してしまします。

肌や骨の老化も促進します。

 

最大の被害は、血液中の糖が血管内で、血管を構成するタンパク質の細胞にくっつき、

血管壁に炎症や老化をもたらすことです。

血管の柔軟性がなくなり、脆く、硬く、狭くなります。

 

そこに牛、豚、鶏などの脂肪分が多い、動物性たんぱく質を多く摂ると、

過剰なコレステロール(脂質)や血栓が血管壁に付着します。

付着し続けた結果、血管プラークを形成します。

 

脆くなった血管壁に血管プラークができると、

血管の破裂や詰まりが生じます。

 

狭心症、心筋梗塞、脳溢血、脳梗塞、脳卒中・・などが起こる原因です。

 

糖が多いと糖尿病の原因にももちろんなりますね。

腎臓が糖化し機能が低下、

腎臓で血液が浄化できなくなり、人工透析をしなければ

生きていけなくなります。

 

非アルコール性脂肪肝炎をもたらし肝臓病の原因にもなります。

ほとんどの人がアルコールの飲みすぎだそうです。

 

 

前回書いたように、糖は色んな加工食品に必ずといっていいほど

含まれています。

 

外食した際にもそうです。

一般流通している加工食品や調味料が使用され、

和食の料理では糖の入ったニセみりんや、白砂糖が甘みによく使われます。

 

それと、

現代人の主食が小麦に代わる場合が多いですが、

小麦食品は糖化を早めます。

主食にもおやつにも、夜食のラーメンでも、と

週に小麦を摂りすぎな人は、主食を数回でも米に換えましょう。

 

 

白米は精製されているので、栄養面から見ても、消化のスピード(糖化)を考慮しても

玄米の方がオススメです。

 

ですが、玄米だとなかなかハードルが高い人が多いでしょう、

小麦を主食にするよりは、白米でもいいから

米に換えていく方が何倍も良いと思います。

 

ただし、真夜中にラーメンと一緒にチャーハンやご飯を食べる習慣だけは

さすがにエネルギー余剰なのでやめましょうね、

ごくごくごくごくたまにということで!

 

 

 

 

 

健康ネタ

やっぱりお米を食べよう!

 

 

炭水化物は糖質と食物繊維に分けられ、


糖質と同等に扱われることがよくあります。

 

そして糖質過剰による病気が流行しているからか


炭水化物の代表格、米、を抜く健康指導やダイエット指導がありますね。

 

 

ですが糖にも色んな種類があるので、


糖は糖として一括化されるのは誤りだと思います。


分子構造が異なり、吸収の過程やスピードも違います。

 

さらには一つの食品には色々な栄養素が含まれるのに、人に分かりやすいように、と


炭水化物=米、というように、何かの食品=栄養素のどれか、と、


単純化、一括化されるのも誤りです。

 

例えば米なら、


上の成分表を見ても分かるように、


タンパク質もあれば、ビタミン、亜鉛、カリウムなど色々な栄養素が含まれます。

 

(米と大豆の黄金コンビの方は、良いタンパク質源です)

 

 

多糖類であるお米は、小腸で分解、吸収されます。


脳の栄養になるのは白砂糖の単糖類ではなく、米が消化されたブドウ糖です。


確かに糖の過剰摂取は危険ですが、


仮に炭水化物(糖質)=米だとしても、


食事がこれだけ欧米化し、米を使わないファーストフード店が多い中、


問題になる程に米を食べ過ぎている人がどれだけいるかは疑問です。

 


米の消費量を上げるために米粉を普及させる運動もあるくらいです。


また、休耕地になり荒れ果てた田んぼの話もよく耳にします。

 

散々酒を飲みアテを食べた後、深夜にシメの白米を食べる、というのは


確かに体に負担をかけますが・・・。

 

問題は米ではなく、普段何気にそれ以外から


劣悪で吸収率も高い糖類を摂っていることだと思います。

 

例えば、コンビニでおにぎりを買う人は原材料を見てください。


甘いものを買ったつもりでなくても


果糖ブドウ糖液糖などのような糖類の表示があると思います。

 

(佃煮の甘みなど、おにぎりの具に使われていると思われます)

 

 

一般的に気軽に買われる加工食品ほぼ全般、

  • スーパーやデパートで買う惣菜、寿司類、
  • コンビニで売られている弁当や菓子パン、
  • 清涼飲料水、
  • ラーメン、
  • ソースや出汁醤油など調味料、← 甘いものを買ったつもりでなくても入っている!!
  • アルコール、
  • 大体のパン屋さんのパン 

   (精白小麦が砂糖ほどに糖の吸収率が高い上に、惣菜パンにも砂糖がたくさん使われている)、


それらには白砂糖、あるいは

白砂糖よりさらに劣悪な「果糖ぶどう糖液糖」などの添加物が入っています。

 

言うまでもなく、減らすべきはこれらの糖類です、ね。

 

外食、買い食いが多い人は、難しいですね・・・。

 

味気のないものは甘くしておくとウケがいいので、廉価な食品や調味料には

 

果糖ぶどう糖液糖の類はよく入っていて、牛丼などの出汁つゆにも入っています。

 

時々和食の店に入った時に、醤油に嘘甘さがあって気持ち悪くて

 

食べられない時があります・・・。

 

もちろん、そんなものが入った調味料はレ コッコレには一つもありませんよ!

日本文化を見直そう

海外に行く前に読みたい本

 

フランスに留学前の方がいらっしゃるので

読みやすくて、とっても大切なことが書いてある本を

いくつか紹介していきたいと思います。

 

今日はこれ!!

もうお亡くなりになりましたが、奈良の春日大社の葉室宮司さまが

記したものです。

 

 

春秋社オンライン

 


以前のカバー写真はこちら

↓↓

 

 

図書館などで探す時はこのイメージかもしれませんね。

 

色々大切なことが書いてあるけれど、例えば、

国語(やまとことば)が、面白いな〜とわかります。

 

稲は「いね」と発音しますが、「命の根」という意味です。

「働く」は「『はた』を『らく』にする」という意味。

(数日前のブログも参照ください)

なぜ返事で「はい」というのか・・・なぜ母は「はは」と発音するのか・・・

 

国語(やまとことば)には日本人の、古人の精神が宿っています。

言葉を知ることで日本人の物の見方、精神を読み解いていくことができます。

 

どういう物の見方、考え方をする民族なのか、

 

それが一つの、私達(日本人)を説明する方法です。

 

それは知識ではなくって、だから学んで覚えるものでもなく、

私達日本人なら「あ、そっか!!」っと気が付けるもの、

腑に落ちるもの、であるから、スラスラ読み進みますよ。

 

 

ちなみに神道は「しんどう」ではなく、「しんとう」と読みますね。

 

私がこの本で気が付かされて一番良かったことは、

「日本人は多様性を重んじる民族だ」、ということです。

 

日本人は曖昧だ、と言われ、「よく分からない」とされ、

それがなんだかカッコ悪いような引け目を感じていましたが、

 

何かを白黒どちらかのグループに分類せずに多様性を重んじる、

 

私の言葉で書くと

「一つ一つの個性を尊重する」特徴がある、ということです。

何かをグループ分けすることに意味をなさない・・・。

 

詳しくは本をぜひご覧ください!!

 

外国人の友達とのやりとりなど、私の体験談もお伝えしたいですが、

長くなったので、またの機会に!

 

ではまた!!

 

 

 

料理&スイーツ

撮影キャンプ レコッコレのポテサラ

 

篠原創意研究所 シノハラトモユキさんにお誘いいただいて、

参加した撮影キャンプ(詳細はまた後日・・・)。

ここは大台ケ原の近くです。

 

アドバイスを頂いて

木の下の明かりが強すぎるけど、夜空の写真を初めて撮りました。

 

 

漆黒の闇の中でレコッコレのカレーで晩ご飯。

電灯が一切なくって、テーブルランプだけ。

 

 

すごくいい経験でした。

 

 

翌日の朝ごはん ↓

 

マクロビオティック,無農薬野菜,自然食,グルテンフリー

 

レコッコレのポテサラと間引き人参。

ポテサラのマヨネーズは、豆乳で作っているのですが、

コクがあるけどサッパリ!

このサラダ、レコッコレの一押しです!!

 

中に塩もみして絞った玉ねぎを混ぜるのがポイントです。

シャキシャキ感がいい感じでマッチ!

そして程よい塩加減!

 

よくあるマヨネーズのサラダより美味しいって言われますヨ♪

自然栽培や有機栽培のポテト自体も美味しいしね。

 

今からは自家製のジャガイモで!!

身内を褒めるのもなんですが、弟が育てた野菜が一番美味しい!!

 

ポテサラと天然酵母パン、この組み合わせ大好きDocomo80

 

 

みなさん、素敵な休日を!

 

オーナーの小話

強く念じること。七夕の日の出来事。

昨日は大阪は快晴な七夕でした、珍しいことだと記憶しています。

何かお祈りされましたか??

 

昨日は七夕のお祈りはしなかったけど、

 

今日こそ連絡しようと強く思っていた人からお電話いただきました。

 

お世話になっている方で、以前勤めていたIT企業のおっちゃんです。

 

めちゃくちゃ応援していただいているのに

立ち退きと移転の報告が出来ていなくって・・・。

 

そうしたら、準備中に店に電話くれて、

「(人に)聞いたよ〜」「次目処立ってるんか〜」「また近々行くわ!」って。

 

あちらからわざわざ連絡いただけるなんて、びっくりで。

もうほんまにその温かさに触れて、感動しました!

 

そして、他にも似たようなことが。

滋賀県に飛び抜けて可愛いマクロビスイーツを作るパティシエさんがいたのですが、

連絡取らないまま何年も経ってしまい、今や連絡方法も不明、

どうしてるかな〜って心のどこかでいつも気になっていました。

 

そしたら昨日はその妹さんと仲がいいという方が

たまたまレコッコレに来てくれて!

連絡取りたいんですって伝言させてもらいました!

 

強く念じていることって

現実化したりしますよね。

テレパシーみたいに!

 

心の中にあるものが現実に映し出される、って感じが

不思議で面白いな〜と思います。

 

望ましくないと思っているものでさえ、

 

自分が信じてしまっていること、

刷り込まれている or 染み付いている思い、

 

正しいと思い込んでいること

(でも正しいと思っているからそれが起こるだけで、

正しくはないこと)、

 

長年の思考癖、

トラウマ

(小さい時のことだったら頭にはさほど記憶はないのだけど)、

 

誰かを”許せない”という思い

(自分では気が付いていないのだけど、実は恨んでいるような)、

 

そういうものも強く念じているようなもの。

それが反映して

現実に映し出されているんだな〜って思うことがあります。

 

 

自分の思考癖、物の見方を変えない限りは

望ましくないものは相変わらず映し出されるのです。

結局人は「自分が見たいものを見ている」んだと思います。

 

引き寄せて夢を実現する系の本はいっぱい出ているけど、

なぜ望ましくないことを引き寄せるかというあたりは、

ブロックがある、恐怖や不安がある、というような説明で止まっています。

 

心の奥深い部分、

自分自身と本当に向き合うことができて、

「自分」に本当に本当に心でハッと気が付けた時が本当に変われる時。

望ましくないことから解放される、克服できる、夢に前進・・・。

いくつか経験してそう思っているけど、マジ難しいな〜〜!!

 

長くなったのでこの辺で・・・。

 

また機会作って触れたいと思います。