オーナーの小話

自然食で体が敏感になりすぎてしまった人へ

つくづく元気って素晴らしい!!

仕事もハキハキできるし。

笑顔で話せるし。

 

逆に不調だと

苦手な会話や質問を受けた時にすっごくイライラしたり

とにかく仕事もしんどいし、

理想的に仕上がらなかったり、

頭の中が膿んでるみたいに重いし、

肩や首筋も詰まってくるし、

尋常でない疲労感、

鼻炎や喉の腫れが辛いし、

とにかく説明するまでもなく

不快な状態なわけです。

 

時々このテーマ書くのですが・・・・

 

自然食に切り替えた人が、

最初は美味しくて気持ちがいいのに

だんだん敏感になって、

いいものを食べているはずなのに不調を感じることが

出てくると思います。

 

((もちろん

程度は人によって異なります。

ほとんど何食べても過敏にならずに済む人もいます。

私の場合は子供の頃から敏感な方でしたが、

かなり他に見たことがないくらい過敏です。

その分色々経験して学ぶことは多かったですが。))

 

 

体がより自然な状態になってから、ある時、

自分にとって不自然な状態になった時

(摂り過ぎや、合わないものを食べた時)に、

 

デトックス作用が働きまくるようになります。

アレルギー状態です。

 

 

今までそこまで気にせず楽しんでいた小麦、動物性食品、乳製品、フルーツ、

「え!これだけでもあかん??」ってくらい、

ちょっと食べるのが続いただけですごくしんどくなったり。

 

たった一回だけでもダメになったり。

(私はフルーツが1個だけでも結構

アレルギー反応(=デトックス作用)がでます。

桃や梨、1個でとか。

ぶどうも半ふさずつで

一房を2日間で食べただけで鼻炎になりますよ)

 

だけどそのうち、自分の体での許容量、

だんだん分かってくるものです。

 

 

私は何度も油断して(ちょっとのつもりだったりして)

死にかけています。

(死んでもいいと思うくらい辛い)

良く考えれば

毒物の早期発見、早期治療、です。

 

気を付けているのにしんどがっていると周りに

「自然なものを食べてるくせに・・・」とか

「肉食べてないからじゃないの?」とか

「気持ちの問題じゃないの?」とかって

冷たい視線が気になったり・・・。

 

はい、仕方ないです〜〜〜〜。

周りの目は気にせず、デトックスに励みましょう!

分かる人にしか分からないんで!!

 

 

悔しいのは、オーガニック食品や健康食品をちゃんと厳選している場合

「これ、いいはずのモノやんか〜〜〜〜!!」でしんどくなる場合です。

 

私の場合は過敏で、

小麦の代替で使い始めた米粉で、

コーヒーの代わりに飲んでいた玄米コーヒーや穀物コーヒーで、

健康にいいと思って使っていた梅酢で、

山の雪解け水で育った稲で、

自然療法でオススメされる番茶で、

 

勉強して厳選したものなのに、

相性が合わなかったみたいで、

上記のような不調になりました。

医学的には説明しようのないことだと思います。

 

特にマクロビを勉強している人に

番茶が合わないとか信じてもらえず

「カフェインでしょ?」とか言われちゃうけど、

茶葉(緑茶の葉)自体がダメなんで

産地問わず無農薬であっても、日本茶全般無理です。

 

そして、

食材は、例え同じ種類のものであっても、

生産地やメーカーによって、

一つ一つ違うものです。

 

自分の体との相性があります。

 

こっちのメーカーのオーガニックマスタードはOKだけど、

あっちのメーカーのオーガニックマスタードは合わなくて不調になる、とか。

 

同じ奈良産の同品種の玄米でも生産地が違えば水が違う、

それでこっちの農家さんのお米は合うけど、

あっちの農家さんのお米を長期間食べた場合不調が出てきた、とか。

(実際あった話です。

自分では原因が分からず、小西先生に解明してもらいました)

 

「良いものでも自分に合わなかったら毒」を幾度も体験したので

何か不調があってもその原因に気が付けるようになってきました。

だから不調期間も短くて済むようになりましたが、

最近分かったのは「沖縄の塩」が何故か自分には合わないってこと。

(小西先生に診てもらった)

 

シママースの入ったものを食べると、

死にたいくらいにしんどくなるのは経験済みだったのですが、

最近ちょっとだし、今は大丈夫かもっと、3食続いたところ、

2週間死にかけてました。

 

とにかく頭でっかちにならないで、

体に良いとされる食品の「知識」に縛られず、

食品が自分に合ってるかな〜〜って

日々思い返しながら感じてみることは大切です。

 

 

原因が分からない人は、

旭区生江の小西クリニックに行ってみてください。

 

 

 

オーナーの小話

レコッコレにお立ち寄りの際に遊びに行ける場所!Vol.2

レ コッコレの超ご近所さんのお店を紹介します。

 

IVY&NAVY

http://ivyandnavy.petit.cc/

 

以前併設のカフェを何度か紹介しましたが、

今はカフェは育休です

 

お洋服屋さんで紹介です。

 

 

なんともハイセンスです!

そして上質なもの揃いです!

品質とセンス、間違いなしです!

 

メンズがメインですが、

レディースもあります!

 

オーナーの小野さん、

全然気取らない、やりすぎない、自然で、

人柄もファッションもそんな感じで、

けど確かにグッとくるハイセンスで、

かっこよさが本物です!!

 

多くの男子がここで感化されてほしいわ〜〜〜。

そしてレコッコレに来てほしいわ〜〜〜〜。

(2月3日のベジパーティー、女性の予約多しっ!)

(男子も積極的に予約してほしいっ!)

 

 

IVY&NAVY

http://ivyandnavy.petit.cc/

レコッコレの前の通りを北に30Mくらいのビルの3階にあります!

本町駅からだと、レコッコレより駅寄りだよ!

木曜日休み。

 

中に入ると、レトロで可愛いOSKビルです。

向かい側がコーラルという大きい布屋さんです。

 

今なら4階でアウトレットやってる、と思う。

 

モテたい男子は絶対に行きましょう!!!!

 

ではまた!

 

 

 

 

オーナーの小話

レコッコレにお立ち寄りの際に遊びに行ける場所!

 

レ コッコレ周辺のお店紹介です。

 

すごくお手頃で、デイリーに使えるオシャレなアクセサリー、

ヘアアクセサリーを展開しているTEN。

自転車だったら本当にすぐ、歩いても5分くらいかな、にあります。

 

 

県外も含めていろんな百貨店に卸していたり、

LUCUAや阪急デパート、難波高島屋でもよくイベント出店に

引っ張りだこの人気ブランドです。

オンラインショップもあるよ!!

 

http://ten-010.com/

 

 

可愛いのに本当にお手頃で!

私がつけているチョーカー、2200円、

 

バレッタもビンテージパーツなのにワンコインで買える。

 

 

 

本当にあったかくて、超楽しい社長のリエちゃん、

和気藹々でグッドムーディーなスタッフさん達のいる裏部屋。

 

アトリエは順慶ビル3階です。

堺筋倶楽部から西に入ったところです。

HPで確認してね〜。

 

http://ten-010.com/

 

オーナーの小話

給食を変えたら優秀校になった実績!

 

中学校の給食を、人生をかけて
米飯中心、地元の野菜中心に変えた校長先生がいいます

 

その学校は生徒の成績が上がるは、

非行がなくなるは、

図書室が生徒で溢れるようになるはで、

生徒の心身の健康向上に大変貢献したのでした!!!!

 

その名は

大塚貢氏です!!

 

タイトルがセンセーショナル、でも本当、
日本の明るい未来、子供の明るい未来を実証する
良き著書を残されています!

 

そのタイトルは
「給食で死ぬ!!」

 

とても読みやすい本ですよ!

 

知的障害を持つ生徒も

食事を変えることで健常者と変わらず

同じクラスで授業を受けられるようになった例も

紹介されています。

 

こんな学校に通いたかった!

 

私は中学1年生でひどいアレルギー性鼻炎となり、

耳鼻科で血液検査をするも、

何か決定的なアレルギーの原因は分からず

ハウスダストですかねーみたいな感じだったのですが、

今考えたら給食の牛乳が大きく関係したと思います。

 

転校してお弁当になってからは

鼻炎に悩まされなくなりました。

 

決定的に何かにアレルギーであるとは

血液検査では出なくても、

 

基本的に合わないものを許容量を超えて摂ると

アレルギー性鼻炎になることはよくあって

 

それは大人になってから経験的に、そして、

小西クリニックの小西先生の元で

思い知らされたわけなのですが。

 

ではまた!

 

オーナーの小話

乙女のカワイイ健康下着

今日は下着の紹介です 

(12月23、24日に

オレンジハーモニーさんの下着イベントを開催します

それについてはまた別の日に紹介するのでチェックよろしく!)

 

私は直接肌に触れるものは特に、

上着でも服のほとんどは天然繊維にこだわっています。

 

直接肌に触れる下着や靴下は、

縦糸やゴムは化学繊維でも

肌に直接当たるところは天然繊維 、と

こだわりを見せる商品を選んでいます。

 

できるだけ

オーガニックコットンorコットン、

シルク、ヘンプ、リネン、竹布、など。

 

そういう下着や靴下、

「心地よく肌にもいいのは分かるけど、

デザイン性がイマイチ・・・」

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

そこで可愛い下着と靴下を紹介します。

デザイナーさんは二人ともレ コッコレで出会いました。

 

⑴ 最近出会ったデザイナーさんのpuntoe

http://www.puntoe.jp/

締め付けないけど包み込むようにと、

天才的斬新なパターンを開発されています。

トキメキ度が高いです。

 

 

 

⑵ 以前、3Fで展示会をしてくれたコモリンのLiv:ra

http://liv-ra.com/

下着だけでなく、ワンピースなど洋服も

個性的で可愛くオーガニック展開!

 

靴下ですが、

レコッコレ3Fで一部購入できるます

 

⑴ メリヤクー (meri ja kuu)

 

http://merijakuu.com/

カタログ撮影@レ コッコレVer.

http://collection.merijakuu.com/gallery/2014-spring/

 

⑵ A HOPE HEMP

コットンとヘンプの靴下

 

オシャレに健康に!

両方とも欲張れる商品が出てきて嬉しい限りです!

 

最近は、洋服作りの方でも

できるだけオーガニック率を高めたいと話す

アパレルの社長やデザイナーさん達にも出会います。

 

少しずつ、リアルに時代の変化が感じられて

なんだかワクワクします!!

 

 

 

 

 

 

オーナーの小話

買い支えること

 

こんにちは!

 

今月は雨が多かったですよね、急に寒くなったなー。

 

毎週注文していたレタスが全然届かない!!

 

やっと届いたところで傷みが割とある。

補充しに行く先でも色が悪かったり、

やはり傷みがチラホラある。

 

有機や減農薬で栽培している農家さんのレタスは

最近みんなそんな感じだった。

(スーパーのレタスが綺麗なのは、

規模が大きくビニールハウスで栽培できているからなのかなー?)

 

普通だったら購入した野菜に傷みがあると

クレームするのかもしれない。

 

さすがに腐っていたら買わないし、

半分以上傷んでいたら

私も値引きは交渉するかもですが、

農家さんは天候により、

手間はかけたけど収穫、収入がないという

厳しい状況にあるに違いない。

 

安全で美味しいお野菜を作り続けてもらうために、

多少色が悪いとか、傷んでいる箇所があるくらいなら、

背景にある事情を理解したい。

なんとか商品として出てきたものは、

買って支えていきたい

(経営に余裕はないけれど)

 

(結局「農家さんに食べさせてもらっている」のだから、

農家さんを買い支えることは、

自分の命を繋ぐことなんで、

「買い支える」なんて恩着せがましくって

違和感ある表現なのですが・・・。)

 

うちのランチを食べて、「いいことをした気分になる」と

おっしゃる方がいるけど、

 

自分の健康のためだけじゃなく、

 

自然環境を守っていくことや、

安全な野菜を手間暇かけて作ってくれている農家さんを

支えることにも繋がっていくんだ、

って思っています。

 

 

どうせお金を使うなら・・・

有意義なことに使いたいですよね。

 

みなさんの日常でのお金の使い方が

農業のあり方を変えるのです。きっと。

それに、自然環境を守ることもできる。

医療費に後々変化を起こすことだってできる。

普段の野菜の買い方や

外食の仕方(より自然食の店を利用するとか)など

検討してみてください!

 

野菜の価格が高騰したっていうけれど

コーヒー代や外食、オシャレには惜しまずお金を使っていたり。

そしてそれに比べれば安いものじゃない!

 

 

 

オーナーの小話

私たちは食べたものでできている

 

こんばんは!

 

 

今度、幼稚園のお母さんがた50名に

セミナーをやらせていただくことになっています。

 

「子供の好きなものだから・・」といって

与え得ているものが良くも悪くも

子供のココロとカラダを作っています。

 

子供の人生そのものです!

 

例えば顔。

 

単に「遺伝」ではなくって。

 

お母さんが妊婦さんの間に食べたものが

眉の濃さや傾きだって変えるし、

 

これから食事として与えるものだって

「顔つき」を変えます。

 

落ち着き、振る舞い、知能、記憶、才能の開花、

それは食べているもので変わります。

 

正論でもピンと来ない栄養学ではなくって

腑に落ちる、

感覚でハッと気が付ける大事なこと、

 

「自然の摂理」に沿って食べることが大事だと

経験から体験したことから、学んできたことから

分かりやすく「響く」内容で伝えたいです。

 

それは私という一人の人間が

経験したほんのちょっとしたことにすぎないのだけど、

インパクトのあるヒントにはなると思います。

 

「知識」ではなく、

「私たちは食べたものでできている」ということを

よく知ってもらって、

 

自分たちで日々食べ物とカラダとの関係を体感したり

観察したり、気が付いたり、

自分たちで進んで学んでいくように、

 

そう良いガイドができたらと思います。

 

ある大阪の区の職員さん達にもセミナーランチをやらせていただいて、

去年好評だったので今年もリクエストを頂きました。

 

 

これから、もっと、

料理を提供する以外にも、

食べることが人生のベースを作ることを

伝えていきたいと思います。

 

 

 

写真のベジプレートのご紹介

 

⑴2種類のナス&さつまいも、モロヘイヤのソテー
白ワインを効かせトマトと玉ねぎの重ね煮ソース和え
⑵きのこやレンズ豆、根菜の重ね煮に
ポテトピューレとカラーピーマンのソースをのせたグラタン、
⑶ごぼうとインゲン、人参、レーズンの重ね煮、
クミンとレモンジュース和え

 

 

 

 

 

 

 

オーナーの小話

起こることは起こるべくして


占いで六星術では、人には一つの季節が3年の単位で、
人生における春夏秋冬の周期があるようですね

私は全然詳しくないのですが、
占いの出来るすっごく面白い友達がいて
(プロ級というかプロの中でもレベルは高いと思う)、
複数の占い(統計学)の総合で見るのだけど、
とても知的で洞察力があって、
話が深くて、いつも聞き入ってしまいます。

自分という同じ人間でも、そう、確かに周期というのか
内面的な変化があるのは最近すごく感じていたので納得でした。

お店を始めて9年になるのですが、
特にこの9年は仕事に精を出す分、
自分と向き合うチャンスが多かったです。


自分が「思っていた自分」と違って、
例えば、以前は外にすごくオープンで誰とも親しく話すのが好きだったのに、



この2、3年はそれがすごく苦手で、
あまり人とも会わず、積極的に人とつながることもなく、
何故か自分が表現することにも意欲的でなく、



内にこもるような
内省する時間のやたら多い時期でした。
(ちょっと今は気が外に向いてきています)
自分という人間は変わったのかなーと思ったけど
必然というか、必要な「そういう時期」だったと今は捉えています。



そうしたら六星術でも「内省する時期だった」と言われ、
来年は自分の人生における春の年だそうです。


そしてもう大殺界の集大成というような出来事が今年起こっていて、
かなりかなりの、まさか自分がっという恐怖を味わいました。
(自宅が火事に・・・不幸中の幸い、誰も怪我せずに済みましたが。
その後も一連の出来事で色々とストレスフルで怖い思いがありました)

流れに身を任せるというか、
どうしようもない人生の流れというのはあるものだなーっと感じます。

起こることは起こるべくして起こる。

自分が選択したことや、

自分の内面(思い、信じていること、見たいと思っていること、トラウマなど)が
現実に反映するという意味で、

自分が内に抱えていること」などが、
事の起爆剤になることもあれば、

抗うことのできない、宿命的に決められていたように
何か大変な事が起こってしまうこともある

と思います。

それは自分や誰かが悪いわけではなくて。
起こってしまうことは起こる





思っている以上にお客さんも含めて
本当に元気づけてくれる人たちがいて、
支えてくれる人がいて、
何かまだよく分からないけど、
春に新芽が芽吹くような
何か新しい思いやエネルギーを自分に感じています。
大変だけど、その分、いいように進化できそうな気がします。

特にミルポアさん、ピンコパリーノのミカちゃん、
本当に気遣って頂いて、
心底感謝しています!!!

ミカちゃんはFaceBookで、移転や仕事での奮闘ぶりを
克明に書いていて、
ミカちゃんの頑張りぶりを見ていたから
「自分なんかこれしき」と忍耐力と勇気に繋がっていました。


他にも
アクセサリー会社のtenのりえちゃん、
IVY&NAVYの小野夫婦、
古い友人、母、ずっと前からお店に足を運んでくれているお客さん、
愛宕山に登ってお札をくださったアルバさん、
自然館さん、miracoのせいごうくん、小松屋のまりちゃんとまきおさん、
テルミーのさゆりさん、小西先生、店も手伝ってくれてたまゆちゃん、
他のお友達もいるけど

多大に応援してくださり、ありがとうございます!!
心強かったです!!

やっぱり人の心からの気遣いは力になります!!!
オーナーの小話

ハンカチ王子

高校生だったのにいつの間にか大人になってた
ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手が言っていました。

「野球をやめるまでにあと一度くらいは野球を楽しみたい」って。
思い描いているカーブが投げられず、
理想と現実のギャップに苦しんでいるという話をしていました。

私の場合はIT企業のSEから転身、
料理の下積み経験なんてほぼ無し、ど素人で突然出した店だったから、
理想と現実のギャップに苦しむのは当然だと思っていた。
けど一流選手でも、程度の差はあれ、
私と同じようなことを思うんだなととても励まされました。
 
私は来年で開業して10年になります。
「仕事、好きにやってていいよね〜」なんて見られがちかもしれませんが、
振り返ってみると苦しいことの方が圧倒的に多いです。

充実した気持ちになる、幸せな気持ちを持てるのは、
一年に1、2度あるかないかの、「ある日のひと時」だけ。
本当はもっとこんな風にしたいって、
理想と現実のギャップに相当苦しんだし、
本当は簡単にもっと日々楽しんでできるはずって思いながらも、
実際は心身に厳しいことがたくさんあって・・・。

 
自分のあらゆる面で不器用な性格、内面、
これをなかなか変えられないことにも大きな起因があると思う。
だって自分の内側にあるものが現実を作るから。

例えば誰しも仕事環境で人間関係に悩みがちだと思うので
理想とは違う人との出会いについて言うならば。
実際関わる人が変わっても、
実質関わる人の性質が変わらない、とかありませんか。
ずっと人間関係に問題があるとするなら、
出会いの内容は自分が何かに克服しないと変わらない。
本当は苦しむことないのに
自分が今ひとつ大人になっていないがために
苦しかったりする。

最終課題をクリアすればOKだけど、
いきなりそれはできないから
いくつも関門を克服して最終課題突破に備える。


自分。本当生きるのが下手くそだなー。
 
でも10年経とうとして
今やっとここの地点かよ、ってそう思うけど、
確実に進化はしてきてはいるので。
 
そしてやっぱり、もっと簡単に日々楽しんで心地よく
働いて生きていけるはずなんで。
もっと器の大きい、大人になって。
 
オーナーの小話

The Economistの取材

かの世界的に有名な、The Economist(雑誌形態な新聞)を発行するイギリスの新聞社が、
オンラインサービスで流すドキュメンタリー映画で、
お店や大阪を紹介することになりました。

日本の会社の取材と違って、
事前打ち合わせが直前であるにも関わらずまだない・・・

急遽な出来事で、準備期間が欲しい!と思ってしまいました。
よくよく考えればいつもやりたいと思って
それなりに取り組んできていることを発揮するいいチャンスです。

私はいつだって日本の良さを見直して誇りに思って
国内でも世界にも発信したいと思っていたし、
大阪人のユニークさはピカイチで本当に愛らしく
これも発信対象だと思っていたのです。

チャンスはこうやって、いつ何時来るか分からないので、
普段から準備をそれなりにしておくもの、です。

私はここ2年はお店の毎日のこと、自分の暮らしを見直すことに
精を出していたので、
もう一つのライフワークにはノータッチでした。

準備がーーー!!って思うけど、
できるだけのことはしたいと思います。

というか、
英語が・・・・・・。

うちのスタッフにバイリンガルな学生がいるので
サポーターに思っておりますが・・・
(現在彼女の携帯が故障中で連絡が取れない!!)

今日は雨で客足も少ないので
はい、私、今からでも表現したいことをリストアップ
してみたいと思います。

そっから
英語に直していく作業がいるから大変ダーーーー!!!


家の引越しもあるのに!

ということで
応援よろしくよろしくお願いいたします!

ヤルゾーーーー!!